腰痛

腰に違和感・痛みのある方、こんなことで悩んでいませんか?

・良くなったり悪くなったりを繰り返していて良くならない
・湿布や痛み止めを飲んでも一時的に楽になるだけですぐ元に戻ってしまう
・マッサージなどをしてもその時楽になるだけで良くならない
・ストレッチをしても身体が伸びずに効果がない
・長年続いている為、痛みに慣れてしまっている
・病院に行っても『骨には異常がありません』と言われるだけで良くならない

腰痛は湿布やマッサージでは良くなりません!

 

腰痛にはたくさんの種類があります。その為、なぜ腰痛が起こっていて何の種類の腰痛なのかを判別することが非常に重要となり、そこから治療が始まります。

①筋筋膜性腰痛

筋筋膜性腰痛の原因

腰の筋肉の過緊張が原因で起こる腰痛

❶腰に負担のかかる生活習慣
❷左右差の強い身体の使い方
❸から来る骨盤・背骨の不整列
❹同じ箇所の筋肉に繰り返し負担がかかり過ぎて筋肉に炎症が起こる

   

筋筋膜性腰痛の治療法

筋肉矯正+骨盤・背骨の矯正で根本的な痛みを取り除いていきます。

❶局所的な負担の原因となっている背骨・骨盤のズレを矯正し左右のバランスを整える
❷矯正した後、過緊張を起こしている筋肉を緩め筋肉に柔軟性をつけ再発を防止する
❸EMS治療でインナーマッスルを鍛え、腰の中に筋肉のコルセットを作っていき矯正したままの正しい姿勢を自分でとれるようにする

アフターケア

そこの筋肉に再度負担がかからないよう、ストレッチ指導を行う

     

②仙腸関節性腰痛

仙腸関節性腰痛の原因

“仙腸関節”と言われる骨盤の関節が原因で起こる腰痛

❶腰に負担のかかる生活習慣
❷左右差の強い身体の使い方
❸骨盤・背骨の不整列
例:足を組む バックをいつも決まった方で持つ どちからに重心がのり過ぎている

仙腸関節性腰痛の治療法

骨盤(腸骨・仙骨)を矯正し、痛みの根本を取り除きます
❶仙腸関節の歪みを作っている、腸骨と仙骨の左右差を正しい位置に矯正する
❷骨盤に続き、腰椎・胸椎・頸椎を矯正し、正しい姿勢に矯正していく
❹EMS治療でインナーマッスルを鍛え、腰の中に筋肉のコルセットを作っていき矯正したままの正しい姿勢を自分でとれるようにする

アフターケア

仙腸関節に負担がかからない為の生活指導(コルセット・履物・体重管理)

③椎間関節性腰痛

椎間関節性腰痛の原因

“椎間関節”と言われる背骨の関節が原因で起こる腰痛

❶腰に負担のかかる生活習慣
❷左右差の強い身体の使い方
❸骨盤・背骨の不整列
❹可動域の少ない背骨を急に動かす
 多発部位 腰椎4番5番(腰の下部)  胸椎腰椎移行部(腰の上の方)

椎間関節性腰痛の治療法

骨盤+患部の背骨を矯正し、根本的な構造を矯正していき痛みを取り除きます。

❶土台となる骨盤(腸骨・仙骨)を矯正する
❷原因となっている背骨を正しい位置に矯正する
❸EMS治療でインナーマッスルを鍛え、腰の中に筋肉のコルセットを作っていき矯正したままの正しい姿勢を自分でとれるようにする

アフターケア

椎間関節に負担のかからない為の生活指導(ストレッチ・日常生活姿勢)

④椎間板性腰痛(ヘルニア)

椎間板性腰痛(ヘルニア)の原因

“椎間板”と言われる背骨と背骨の間にある軟骨組織が原因で起こる腰痛

❶腰に負担のかかる生活習慣(体重増加なども含む)
❷左右差の強い身体の使い方
❸背骨・骨盤の不整列

椎間板性腰痛(ヘルニア)の治療法

椎間板にとって一番楽なバランスがとれた背骨骨盤の形に矯正し、ハイボルト電気治療で痛みを取り除いていきます。その後、安定した腰を作る為にEMS治療で腰のコルセットを作っていきます。

❶背骨・骨盤を正しい位置に矯正する
❷椎間板に負担のかからないよう股関節など各関節の矯正を行う
❸炎症が起こっている椎間板に対しハイボルト(特殊電気)治療を行う
❹EMS治療でインナーマッスルを鍛え、腰の中に筋肉のコルセットを作っていき矯正したままの正しい姿勢を自分でとれるようにする
※ヘルニアにはヘルニア専門の治療がありますので、安易に揉んだりストレッチしたりしないで下さい!

アフターケア

椎間板に負担がかからない為の生活指導(体重管理・ストレッチ・コルセット・履物)
 

➄分離症・すべり症

分離症・すべり症の原因

腰の骨の疲労骨折から起る腰痛
幼少期・青年期におけるスポーツでの負担
特に、野球・バスケ・テニス・バレーなどの腰を反ったり捻ったりするスポーツに多発

分離症・すべり症の治療法

土台の骨盤・背骨を矯正した後、分離すべり症専用の治療を行います。
その後、ハイボルト(特殊電気)治療で炎症を抑え、EMS治療で筋肉のコルセットを作っていきます。

❶背骨・骨盤を正しい位置に矯正する
❷前方変位している4番5番を後方へ矯正する分離すべり症専用の治療を行う
❸炎症が起こっている椎間板に対しハイボルト(特殊電気)治療を行う
❹EMS治療でインナーマッスルを鍛え、腰の中に筋肉のコルセットを作っていき矯正したままの正しい姿勢を自分でとれるようにする

アフターケア

分離すべりの原因となっている腰椎に負担のかからない生活指導を行う
(体重管理・ストレッチ・コルセット・履物)

どの症状をとっても、治療方法は全く異なります。
その為、当院は各症状に合わせた矯正方法を使用し、1日でも早く患者様の痛みを取り除いていきます。

ひつじ整骨院と患者様との3つのお約束

①問診を通じ、腰痛の鑑別をしっかり行います
たくさんある腰痛の中から原因を特定し、なぜ痛みが出ているのか・どのように治療すれば良くなるか・いつ治るのかをプロの立場としてしっかりとお伝えします

②症状に合わせた正確な治療を行います
患者様の痛みを最短最速で取れる治療は何かを選び、当院で出来る最高の治療を行います。

③通院指導・アフターケアをしっかりと行います
患者さんの症状を良くする為にかかる期間と回数をしっかりと伝え、ご自宅・日常生活で行って頂きたいストレッチや身体のケアを指導させて頂きます。

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日

駐車場のご案内