膝痛について

   
膝の痛みは、一般的に痛みが長期化しやすい症状の1つです。それは膝の痛みの原因が1つではないからです。

 

こんなことにお困りではありませんか?


・膝の痛みが長く続いており中々良くならない
・病院にいっても湿布だけ出されて終わっていまいこれといった治療をしてくれない
・運動やストレッチも試してはいるが良くならない
・膝が痛いせいで外出する機会が減ってしまった

 

【膝の痛みの原因】

 

各痛みの箇所により症状は異なりますが、
膝の痛みが長期化する原因として“姿勢”の問題があります。根本的な痛みを取り除くには、この“姿勢”に対してアプローチを行わないと中々痛みが取れません。

 

❶前重心になりすぎている
❷重心のバランスに左右差がある
❸股関節の動き(内旋・外旋)が悪い

 

この❶~❸は膝にとても負担がかかる原因となります。その為、膝の治療と併用して早期にこの根本原因も取り除く必要があります。姿勢が変われば膝にかかる負担が大幅に減る為、痛みが取れるスピードも速くなります。

 

【膝の痛みの種類】

①膝蓋大腿関節での痛み

膝の膝蓋骨(お皿)と大腿骨との間で炎症が起こる症状のことを言います。

この症状は、よく②の関節裂隙の痛みと誤診されやすいですが全くの別物になります。一般的に階段を上る時に痛みが来る症状はこの膝蓋大腿関節の痛みになります。

 

膝蓋大腿関節の痛みは高齢者の膝の痛みの中で最も多い症状になりますのでしっかりとした治療が必要になります。

 

【膝蓋大腿関節の治療法】

❶膝蓋骨大腿関節にハイボルト(特殊電気)治療器を用いて患部の炎症を取り除いていきます。
❷膝の動きを正常にする為、関節の可動域訓練を行い脛骨・大腿骨・膝蓋骨に正しい動きをつけていきます。
❸骨盤・腰椎・胸椎・頸椎・股関節・肩甲骨などを矯正し、膝に負担のかからない正しい姿勢に矯正していきます。
❹EMS治療でインナーマッスル(体幹)を鍛え、身体の中にある筋肉のコルセットを作っていき矯正したままの正しい姿勢を自分でとれるようにする

 

【治療に必要な期間】

3ヶ月~12カ月

 

②脛骨~大腿骨間の関節裂隙の痛み

この症状はいわゆる膝の関節の中に炎症が起こっている状態を言います。
内側半月板・外側半月板とどちらにも炎症は起りますが、一般的に内側半月板の方が多いです。

①の膝蓋大腿関節の痛みに対して、関節裂隙の痛みは階段を降りる際に起こります。

 

こちらも、専門的な治療が必要になるのでしっかりとした治療が必要になります。
この症状は、高齢者の方も多いですがスポーツをしている学生などにも多い症状になります。

 

【脛骨~大腿骨間の治療法】

❶関節裂隙にハイボルト(特殊電気)治療器を用いて患部の炎症を取り除いていきます。
❷膝の動きを正常にする為、関節の可動域訓練を行い脛骨・大腿骨・膝蓋骨に正しい動きをつけていきます。
❸骨盤・腰椎・胸椎・頸椎・股関節・肩甲骨などを矯正し、膝に負担のかからない正しい姿勢に矯正していきます。
❹EMS治療でインナーマッスル(体幹)を鍛え、身体の中にある筋肉のコルセットを作っていき矯正したままの正しい姿勢を自分でとれるようにする

 

③膝蓋大腿靭帯での炎症

膝蓋骨の下の靭帯に負担がかかり過ぎて炎症が起こる症状を言います。

原因は“前傾姿勢”や“大腿四頭筋の過緊張”が原因です。ジャンパーズニーとも呼ばれ、バスケ・バレー・サッカーなどジャンプやダッシュをする人に多いです。

 

【膝蓋大腿靭帯の治療法】

❶膝蓋大腿靭帯・大腿四頭筋にハイボルト(特殊電気)治療器を用いて患部の炎症を取り除いてい
きます。
❷膝の動きを正常にする為、関節の可動域訓練を行い脛骨・大腿骨・膝蓋骨に正しい動きをつけていきます。
❸骨盤・腰椎・胸椎・頸椎・股関節・肩甲骨などを矯正し、膝に負担のかからない正しい姿勢に矯正していきます。
❹EMS治療でインナーマッスル(体幹)を鍛え、身体の中にある筋肉のコルセットを作っていき矯正したままの正しい姿勢を自分でとれるようにする

 

【ひつじ整骨院と患者様との3つのお約束】


①問診を通じ、膝の痛みの鑑別をしっかり行います
たくさんある原因の中から、患者さんの痛みの原因を特定し、なぜ症状・痛みが出ているのか・どのように治療すれば良くなるか・いつ治るのかをプロの立場としてしっかりお伝えします。

 

②症状に合わせた正確な治療を行います
患者様の痛みを最短最速で取れる治療は何かを選び、当院で出来る最高の治療を行います。

 

③通院指導・アフターケアをしっかりと行います
患者さんの症状を良くする為にかかる期間と回数をしっかりと伝え、ご自宅・日常生活で行って頂きたいストレッチや身体のケアを指導させて頂きます。

ご予約・お問い合わせ

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ ご予約・お問い合わせ LINEお問い合わせ

Googlemap