ギックリ腰

ギックリ腰の方、このような事でお悩みではありませんか?

・ぎっくり腰を何度も繰り返している
・原因が分からずぶり返す
・放っておいても治らない
・またいつぎっくり腰になるか不安
・1回なってしまうと下半身にしびれまで来てしまう
・整形外科に行っても痛み止めを処方されるだけで良くならない

腰痛と同じように、ぎっくり腰にも種類があります。
正しい鑑別と治療を行わないと、逆に悪くなってしまったりすることもありますので十分注意して治療院を選びましょう。

①仙腸関節腰痛のギックリ腰

仙腸関節腰痛の症状

“仙腸関節”と言われる骨盤の関節に急性の炎症が起こることを言います。

どちらかの足が上手く上がらず、腰を曲げて前かがみ姿勢で歩くと楽な腰痛です。
腰骨に手を当てながら歩くと多少腰痛が緩和します。

【自宅での応急処置 受傷初日~3日】
・患部へのアイシング
・コルセット固定
・腰を前に曲げる運動の制限

【急性期治療法】

❶炎症の起こっている仙腸靭帯の負担を軽減する為骨盤(腸骨・仙骨)を正しい方向に矯正します。
❷炎症を抑えるハイボルト(特殊電気)治療器で患部の炎症を取り除く
❸必要ならテーピング・コルセットで固定をする

【治療開始から痛みが半分以下になるまでの目安期間】

2週間~3週間

【慢性期治療法】

骨盤(腸骨・仙骨)を矯正し、痛みの根本を取り除きます

❶仙腸関節の歪みを作っている、腸骨と仙骨の左右差を正しい位置に矯正する
❷骨盤に続き、腰椎・胸椎・頸椎を矯正し、正しい姿勢に矯正していく
❸患者さん自身が正しい姿勢を維持継続する

【痛みが0になるまでの目安期間】

4週間~5週間

②筋筋膜性腰痛のギックリ腰

筋肉を損傷し、その筋を覆っている筋膜に急性の炎症が起き痛みが伴います

筋筋膜性腰痛の症状

ある一定の方向に身体を動かすと決まった場所に激痛が走ります。
患部の熱感が強く、ジワジワした痛みが続きます。

【自宅での応急処置 受傷初日~3日】
・患部へのアイシング
・コルセット固定
・動かして痛い方向への運動制限

【急性期治療法】

❶炎症が起きている筋肉の負担を減らす方向性に骨盤矯正を行う
❷炎症を抑えるハイボルト(特殊電気)治療器で患部の炎症を取り除く
❸必要ならテーピング・コルセットで固定をする

【痛みが半分以下になる目安期間】

2週間~3週間

【慢性期治療法】

筋肉矯正+骨盤・背骨の矯正で根本的な痛みを取り除いていきます。

❶局所的な負担の原因となっている背骨・骨盤のズレを矯正し左右のバランスを整える
❷矯正した後、過緊張を起こしている筋肉を緩め筋肉に柔軟性をつけ再発を防止する
❸患者さん自身が正しい姿勢を維持継続する

【痛みが0になるまでの目安期間】

4週間~5週間

③椎間関節性腰痛のギックリ腰

“椎間関節”と呼ばれる背骨の間にある関節で急性の炎症が起き痛みが伴います

椎間関節性腰痛の症状

身体を動かすと決まった場所に激痛が走ります。

患部のピンポイントな鋭い痛みが続きます。前かがみの方が楽な場合があり痛みを逃がすために自然と前かがみ姿勢を取ることがあります。

※腰椎5番と腰椎4番間、胸椎12番と腰椎1番間に多い

【自宅での応急処置 受傷初日~3日】
・患部へのアイシング
・コルセット固定
・動かして痛い方向への運動制限

【急性期治療法】

❶炎症を抑えるハイボルト(特殊電気)治療器で患部の炎症を取り除く
❷炎症が起きている筋肉の負担を減らす方向性に背骨・骨盤矯正を行う
❸テーピング・コルセットで固定をする

【慢性期治療法】

骨盤+患部の背骨を矯正し、根本的な構造を矯正していき痛みを取り除きます。

❶土台となる骨盤(腸骨・仙骨)を矯正する
❷原因となっている背骨を正しい位置に矯正する
❸EMS治療でインナーマッスルを鍛え、腰の中に筋肉のコルセットを作っていき矯正したままの正しい姿勢を自分でとれるようにする

④椎間板性腰痛のギックリ腰

椎間板”と呼ばれる背骨と背骨の間にある軟骨組織で急性の炎症が起き激痛が伴います

椎間板性腰痛の症状

立ち上がれない・真っ直ぐ歩けないほどの激痛が腰を襲います。
あらゆる腰痛の中で一番痛みが強いものが椎間板性腰痛のギックリ腰(ヘルニア)です。

下半身にしびれが伴う場合もあり、痛みをかばうため歩き方が左右非対称になります。
※腰椎5番と腰椎4番間、腰椎4番と腰椎3番間に多い

【自宅での応急処置 受傷初日~3日】
・患部へのアイシング
・コルセット固定
・痛みが引くまで側臥位で安静を保つ
・必要なら痛み止めを飲む

痛みが少し落ち着くまで無理に動いたりすると悪化する可能性があります!
その為、起ってすぐの辛い時は無理には整骨院に来院せず、まずは自宅で安静を保って下さい!

最初の痛みが10だとすると、8~7になるまで自宅で安静にしているのが理想です。

【急性期治療】

①炎症を抑えるハイボルト(特殊電気)治療器で患部の炎症を取り除く
②炎症が起きている椎間板の負担を減らす方向性に背骨・骨盤矯正を行う
③テーピング・コルセットで固定をする

※ヘルニアにはヘルニア専門の治療がありますので、安易に揉んだりストレッチで伸ばしたりしないで下さい!

【治療開始から痛みが0になるまでの目安期間】

3ヶ月~

【ひつじ整骨院と患者様との3つのお約束】

①問診を通じ、腰痛の鑑別をしっかり行います
たくさんある腰痛の中から原因を特定し、なぜ痛みが出ているのか・どのように治療すれば良くなるか・いつ治るのかをプロの立場としてしっかりとお伝えします

②症状に合わせた正確な治療を行います
患者様の痛みを最短最速で取れる治療は何かを選び、当院で出来る最高の治療を行います。

③通院指導・アフターケアをしっかりと行います
患者さんの症状を良くする為にかかる期間と回数をしっかりと伝え、ご自宅・日常生活で行って頂きたいストレッチや身体のケアを指導させて頂きます。

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日

駐車場のご案内