腱鞘炎について

様々な理由により手の腱鞘に通過障害や痛みが生じる症状を腱鞘炎と呼び、腱が筋組織と骨を繋ぎ合わせているからこそ、手首や指が滑らかに動かせるようになっています。

 

そのような腕を起点として指に至るまで伸びている腱は、単独ではなく複数本が束状になって伸びているのですが、腱鞘という組織が存在している事により複数本の腱が纏められ効率的に動作させられています。

 

こうした腱鞘に発症する腱鞘炎は、筆記する機会が多い方やパソコンのキーボードで文字入力をする機会が多い方が発症しやすいものの、発症部位は個々により差異があり手のひらや手首の他、指に不調を抱いた場合でも腱鞘炎として扱われます。

 

腱鞘炎の種類

手首に違和感や痛みを覚える症状の事をドケルバンと呼び、手のひらを大きく広げたり親指を動かすと腱鞘の辺りに痛みが走ります。

 

そのため、物を手で持ったりペットボトルのキャップなどを開けるといった日常生活の中で何気なく繰り返し行う動作でさえ痛みに見舞われます。

 

ばね指とは?

一方、手首や手のひらから離れている指に生じる腱鞘炎の事をばね指と呼び、ばね指を発症すると指を動かした時に一部で引っかかりを感じてから勢いよく力を入れている方向に動く様子になるので、名称通りばねのような指の動きになります。

 

ばね指は当初は引っかかりを覚え円滑に指が動かせないという不調のみが感じられますが、悪化すると指の可動域が狭まります。

 

また、腱鞘炎は人体は就寝中に身体むくむ傾向にある様子からむくみによって腱鞘に圧が加わりやすい朝方に痛みが強く感じられやすい様子も特徴です。

 

腱鞘炎のお悩みは当院へお任せください!

腱鞘炎と一言で言ってもたくさんの種類・痛みはそれぞれ異なります。ほんの少しの痛みや「これくらい大丈夫」と症状を楽観視してしまうと痛みの二次災害が引きおこる可能性が十分にあります。ひつじ整骨院では痛み解消の専門家が常駐しており、蓮田市の皆さまから多くのご信頼を頂きながら実績を積んできました。

 

腱鞘炎の辛いお悩みは、私達が貴方の全力で改善に導くことをお約束します。
辛い症状にお悩みの方は当院へお越しください。
貴方のご来院をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ ご予約・お問い合わせ LINEお問い合わせ

Googlemap