蓮田市の整体 ひつじ整骨院蓮田院 HOME > ストレートネックについて

ストレートネックとは

本来なら緩やかなカーブを描いていなければならない頚椎という首の骨が真っ直ぐになっている症状がストレートネックです。

人体の頭部の重量は体重における10%を占めているので、50kgの体重の方は頭部の重さだけでも5kgもあります。頚椎が本来の様子でカーブを描いていると5kgの重量があっても分散化により支える事が可能ですが、ストレートネックを発症していると首の周囲の筋肉にダイレクトに負担がのしかかってしまうので、首と肩の広い範囲の血行が妨げられてしまいます。

血行が妨げられた事が原因で首から肩にかけて酷い凝りに悩まされる上嘔吐感や頭痛、耳鳴りやめまい、握力の低下や手の痺れといったあらゆる症状が引き起こされます。

ストレートネックの原因

ストレートネックを発症する原因はパソコンスマートフォンを使用する時の前かがみの体勢であり、長い時間にわたって前かがみの体勢をし続けてしまうと首から肩にかけての筋肉が著しく緊張し、頚椎が引っ張られた状態に陥ります。そのような状態に陥ると頚椎が描く本来のカーブが失われてしまうのですが、ストレートネックは突発的に発症するのではなく、日々癖のようにして行っている事が長期間にわたる年月が経過する事により進行します。

そのため、悪化してからケアに乗り出すのではなく普段から凝り固まっている首と肩の筋肉の柔軟性を取り戻すべくストレッチを施しましょう。

まずは自分自身が現在ストレートネックに陥っているのかを確かめるために、単独で行えるチェック方法を行います。

身体の背面を全て付けられる壁面を探して踵から頭に至るまで壁に付け後頭部と肩甲骨、臀部が壁面に接地している事を確かめましょう。肩甲骨と臀部は壁面に接地しているものの、後頭部が浮いてしまっているとストレートネックになっているので早速ストレッチに着手し、まずは両足を肩幅に開いた後両腕を上方向に真っ直ぐと伸ばします。

続いて肘を90度に曲げたまま顔の前で両手の手のひらを合わせるようにする姿勢を5秒間保持した後、両手を離していき両腕を開き胸を張るとストレートネックの原因の凝りが解消できます。

お悩みの方は当院へお任せ下さい

パソコンやスマートフォンが無くてはならない時代、ストレートネックに悩まされている方も多いと思います。ひつじ整骨院では、そんな方々お一人お一人に合わせた適切な対処でそのお悩みを解決します。

少しでも違和感や痛みを感じたら当院へお越し下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日

駐車場のご案内