オスグッドについて

オスグッドは特にスポーツをしている思春期の男子に多く見られる膝辺りの痛みのことをいい、成長痛とかスポーツ障害と呼ばれることもあります。

 

症状が出ても軽いうちは運動を制限すればよくなりますが、我慢して続けていると少しの膝の曲げ伸ばしでも激痛が走るほどになり、そうなると成長が止まるくらいまで運動を制限することになってしまいます。

 

オスグッドの原因を知ることで早期発見、早期治療につながります。

 

オスグッドの原因

オスグッドの大きな原因として、使い過ぎや偏った身体の使い方、ストレッチをしていないことが挙げられます。特に成長過程の身体にスポーツクラブなどで繰り返し同じ動作を繰り返し行っていると骨や腱、筋肉に疲労が溜まります。この疲労が回復しきらないうちに、更に負担をかけ続けていくことで痛みが出てくるようになります。

 

走る、跳ぶ、蹴るといった動作は太ももの筋肉である大腿四頭筋が収縮しますが、この大腿四頭筋は膝のお皿、膝蓋骨を介して腓骨に付着しており、収縮を行う動作によってこの付着部分が引っ張られます。繰り返し引っ張られることを繰り返すと炎症が起こり、ひどくなると腓骨粗面の軟骨が隆起したり剥離してオスグッドを起こすことにつながるわけです。

 

また、スポーツの特性や利き手足などから体を左右対称均等に使うのは難しいのですが、偏った身体の使い方を繰り返していると、重心が崩れるとともに骨盤が歪み身体のバランスが崩れ、やがて膝に不自然な負担がかかって発症することもあります。

 

予防にはストレッチが効果的

 

オスグッドに最も効果があるとされているのが股関節や膝、足首のストレッチです。ストレッチには血流を良くし筋肉の柔軟性をアップさせる効果があり、特に血流が改善されると身体にとって必要な酸素や栄養素が運ばれやすくなるのでリラックス効果も得られ回復効果もあります。

 

太もも前側の筋肉が伸びるのでオスグッドの改善に勧められることもありますが、痛みを感じる時は足首くるくる回す、膝をゆらゆらさせるといった体操で筋肉を柔らかくしていくことから始めると良いでしょう。

 

オスグッドのお悩みはひつじ整骨院へ

スポーツ障害治療のプロが居るひつじ整骨院では、オスグッドの治療や対処はもちろん、日常生活で出来ることのアドバイスも行っています。

 

つらい痛みやお悩みを早期に解決し、スポーツをより楽しみましょう。

ご予約・お問い合わせ

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ ご予約・お問い合わせ LINEお問い合わせ

Googlemap