自律神経の乱れについて

たとえ就寝中であっても循環器系や呼吸器系、消化器系を維持し続けるために24時間機能しているのが自律神経であり、人体を健康的に保つためには欠かす事ができない神経です。

 

そのような自律神経は行動している時や昼に活発になる交感神経と、安静にしている時や夜に活発化する副交感神経に分かれており、通常は2つから成る神経が互いにバランスを取っています。

 

一方、バランスが乱れると自律神経の乱れに繋がりバランスが悪くなってしまう事に留まらず、身体に様々な不調が生じてしまいます。

 

自律神経の乱れが生じている事を自律神経失調症と呼ぶのですが、自律神経失調症になる原因は現代人が抱えている問題や悩みと密接な関係性があるため、自律神経の乱れを引き起こしている方は増加傾向にあります。

 

自律神経が乱れる原因

自律神経の交感神経は悩み事やプレッシャー、不安な事を抱えている場合にも活発化するので仕事で許容量を超えた業務に従事していたり、人間関係が上手くいかずに悩んでいる場合に自律神経失調症の原因になりやすいです。

 

また、心の中に気がかりになっている事柄が無かったとしても、昼夜逆転生活をしていると先天的に生まれ持っている生体リズムに乱れが生じるので、生体リズムの乱れが自律神経の乱れとなり自律神経失調症を引き起こす事もあります。

 

さらに、仕事や私生活で負担を感じていない上に規則正しく生活を送っていても、更年期に突入し体内で女性ホルモンが減少すると自律神経の乱れが起こり、自律神経失調症になる事例も多いです。

 

自律神経の乱れでお困りの方は当院へおまかせ

ストレスを貯めないようにすることは思った以上に難しいことです。自律神経の乱れは、長い間我慢し続けていると多くのことに支障をきたしかねません。

自律神経に乱れを感じる方は、ぜひ当院へお越しください。

ご予約・お問い合わせ

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ ご予約・お問い合わせ LINEお問い合わせ

Googlemap