むち打ち

むち打ち

むち打ちというと交通事故に付き物というイメージですが、むち打ちになるのは何も交通事故だけではありません。むち打ちは頚椎捻挫の総称とされています。労働災害やスポーツ障害によっても引き起こされることもあるのです。特に軽度のむち打ちの場合はレントゲンでも確認できないケースが多く、また、症状も翌日以降から出てきますので、交通事故以外の原因によって引き起こされた場合は、むち打ちだと気づかないことが多くありますので、次のような症状が長く続くようでしたら、蓮田市緑町のひつじ整骨院蓮田院にご来院ください。

「むち打ちでは、めまいや吐き気、さらに不定愁訴の症状も」

むち打ちの症状は、首筋、肩、背中の痛みや肩こり、さらに耳鳴り、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振やイライラなどの不定愁訴として現れます。首筋や肩、背中の痛みが自覚できれば整骨院を選んでいただけるのですが、めまいや吐き気、さらに不定愁訴の症状が自覚された場合は、ほとんどの患者様が、内科や心療内科を選ばれると思います。でもなかなか症状が改善しない、このような場合はむち打ちを疑ってください。蓮田市緑町のひつじ整骨院蓮田院で治療を受けられて、これまで治らなかった頭痛やめまい、不定愁訴が嘘のように解消したという声をたくさんの患者様からいただいています。

ご予約・お問い合わせ

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ ご予約・お問い合わせ LINEお問い合わせ

Googlemap