ジャンパー膝について

ジャンパー膝は膝蓋腱炎、または靱帯炎とも言われており、ジャンプを繰り返すことによって発症することが多い事からこのような名前で呼ばれることがある症状です。

 

バレーやバスケットなどのジャンプをする競技にこの症状が出てしまう事が多く、性別では男性に多いことも特徴的といえるでしょう。特に10代の男性に多く、成長期のバランスが不安定な時期にこうした負荷のかかる運動をする事で起きやすくなるとも考えられています。

 

ジャンパー膝の原因

ジャンプして着地するとき、人は足で自分の体重の数倍もの負荷を支える必要があり、その際に膝がクッションの役割をすることで負荷を軽減させています。

 

負荷を膝が肩代わりし続けていると、その負荷に関節が耐えられる範囲を上回ってしまう事があります。そうなると膝蓋骨周辺に微細損傷が起きてしまうため、様々な炎症が発生して痛みが出てきます。

 

症状が軽度の場合であれば、ジャンプの動作をしなくすることで症状が改善される場合もあります。軽度のうちは普段の生活でも問題無く歩くことができますが、痛みがひどくなり、場合によっては重症化すると歩行が困難になる場合もあるため注意が必要です。

 

ジャンパー膝のことなら当院へ

ひつじ整骨院で膝のつらい痛みを解決しませんか?

経験豊富なスタッフが患者様お一人お一人に合わせた適切な施術でそのお悩みを改善します。

 

少しでも膝に違和感や痛みを感じたら、ひどくなる前に当院へお越し下さい!

ご予約・お問い合わせ

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ ご予約・お問い合わせ LINEお問い合わせ

Googlemap