難聴について

若い頃にははっきりと耳から音を聞く事ができていたのにも関わらず、50歳を迎えた頃から以前よりも音が聞きにくく感じられる方は少なくないですが、50歳前後で聞きにくさを感じるようになる理由は、内耳に存在しているらせん型の筒の蝸牛にある有毛細胞が損傷してしまうためです。

 

難聴の原因

年齢を重ねて50歳を迎えた頃に難聴を意識する方が増加するのですが、中にはまだ年齢が若いものの難聴に悩まされる方も居ます。年齢が若いものの難聴になる理由は感染症や医学的な原因が関係しており、その他にも機械や花火の音など突発的に大きな音を耳で聞いた際に難聴を引き起こす原因になります。

 

難聴の症状を訴える患者は年々増加傾向にあるのと同時に低年齢化も顕著になっているのですが、患者の増加と低年齢化は音楽の楽しみ方の変化が関係しています。

 

日常生活による難聴

これまでは音楽を楽しむ時はステレオなどのスピーカーから発せられた音を耳にする事が多かったものの、今日では音楽プレーヤーやスマートフォンから発せられる音楽を耳に装着したイヤホンで楽しむ方が増えているため、若年層における難聴が顕著になっています。

 

聴覚は視覚における視力と同様に一度低下すると再び機能を高める事はできないので、日頃の生活の中でいかに耳を守る事ができるのかが重要です。

 

難聴のお悩みは当院へお任せください!

損傷を受けたら早めに治療を受けることで元に戻ります。これらが難聴の原因の1つです。放置することで聴力が悪くなるものもあるため症状が出たら当院へお任せください。難聴のお悩みは、私達が貴方の全力で改善に導くことをお約束します。難聴にお悩みの方は当院へお越しください。

 

当院は患者様お一人お一人に合わせた施術を行ないます。貴方のご来院をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ ご予約・お問い合わせ LINEお問い合わせ

Googlemap