成長痛について

成長痛の原因は一つだけではなく、複数の原因が考えられます。

 

子供の成長痛で考えられる原因の1つですが、無理な運動をして成長痛がおきることです。

子供は体がまだ出来上がっていないので、無理な運動をして負荷を掛けてしまうと成長痛が起こってしまい、痛みを感じる事になります。

 

成長痛が出る箇所は様々ありますが、多くの場合は走り回る事によって足の痛みが起きる事があります。

 

成長痛の原因

成長痛で足の痛みが起きる原因は負荷がかかったことにより、筋肉に疲れが溜まってしまい成長痛の痛みを感じてしまうことがあるので注意が必要です。

 

年齢を重ねることによって解消する事もあり、大体の場合は9歳以上になると痛みを訴えることも無くなります。

 

成長痛の痛みの原因で骨の成長ではないと勘違いされる方も居られますが、成長痛の原因は骨の成長から来ているわけではありませんので骨の成長とは無関係なので安心です。

 

疲労による成長痛

骨が成長して痛みが起こるのではなく、多くの原因は疲労になります。疲労を取り去る事で痛みを解消させることが出来る可能性も考えられます。

 

痛みがある状態で動き回ると更に悪化してしまうことになるので、痛みを感じた場合には休息を取ることが大切です。子供の体は大人と違って完成されている訳ではありませんので、適度な運動を心がけてあげる事が大切です。

 

子供の内に激しい運動をしてしまうと夜中に痛みを感じて、眠れなくなってしまったり不安を感じてしまう場合があります。

 

日中の運動をセーブして行うことで、その様な事も無くなります。急性の場合には湿布を利用するなど行い、痛みを軽減する処置をして上げることが非常に大切です。

 

当院へお任せください

適度にマッサージやストレッチをする事でも原因を取り除く事ができますので、痛みが酷い場合にはそれらの方法を利用するのも一つの手段になります。

 

夜中に痛みが起きることも多く、朝になると治っている事もありますが、完治しているわけではありませんので十分注意をする必要があります。

 

ひつじ整骨院では患者様お一人お一人に合わせた適切な対処でそのお悩みを解決します。

少しでも違和感や痛みを感じたら当院へお越し下さい!

 

ご予約・お問い合わせ

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ ご予約・お問い合わせ LINEお問い合わせ

Googlemap