野球肘について

野球肘はその名の通り野球において投球動作を繰り返したり、ボールを投げすぎたりする事が原因で発症する症状と言われています。

そもそも投球動作と言うのは肘に対して負担のかかる動作で、一回一回の投球動作で肘に存在している骨、軟骨、靭帯、腱に負担がかかります。

また投球動作を繰り返す事で骨や軟骨がこすれてしまいその度に痛みを感じるようになったり、その状態で野球を続けていると骨や軟骨が剥がれ落ちてしまい、最終的には骨自体がすり減って変形するという事もあります。

野球肘の原因

より多く投球動作を繰り返したりボールを投げてしまうとそれだけ野球肘を発症する可能性は高まり、また大人であっても発症する症状ですが大人よりは成長期の子供の方がより野球肘になりやすいと言われています。

成長期の子供の方が大人よりも野球肘になりやすい理由として、成長期の段階では骨がまだ成長しきっていない為骨がまだ柔らかく構造的にも弱い為、大人と同じ数を投げた場合成長期の子供の方が野球肘を発症する確率が上がってしまうという訳です。

誤ったフォームで野球肘になりやすい原因

野球肘は野球をやっている人全てが発症するという訳ではなく、例え成長期の子供で投球数が多くても中には野球肘にならない子供もいます。

野球肘の一番の原因は成長期に投球動作を繰り返したりボールを投げすぎる事と言われていますが、他の原因として挙げられるのが投球フォームのバランスが取れているかどうかという事です。

特に下半身や体幹が硬い事とバランスの悪い投球フォームになりやすく、下半身や体幹が硬い状態で投球動作を繰り返してしまうと肘が下がっていたり身体の開きが悪いといった体の上下のバランスが取れていない投球フォームになる事があります。

このようなバランスの悪い投球フォームで投げ続けると、下半身や体幹から腕に力が伝達されにくい為肘に過剰に負担がかかってしまい、例え投球間隔を開けて出来るだけ投げ過ぎを防いだとしても発症してしまう事があります。

当院へお任せください

野球で痛めた肘の痛み当院へ任せてみませんか?

患者様に合った、野球肘の施術を行います!

野球肘でお悩みの方は是非、ひつじ整骨院へお任せください!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日

駐車場のご案内