腸脛靭帯炎

2018.09.22 | Category: 未分類

【腸脛靭帯炎】
(発生機序)
・腸脛靭帯と大腿骨外顆との間の摩擦により炎症が生じる典型的なオーバーユーズシンド
 ロームです。
 ランニングなど、膝関節の屈伸を繰り返す動作によって発生します。
 

 
  
 

(症状)
・膝関節外側部に圧痛、運動時痛を認めます。
 
 

  

 
 

 
 
 
 
(徒手検査)
・グラスピングテスト:膝関節屈曲位で大腿骨外顆よりやや近位部の腸脛靭帯を圧迫しな   
           がら膝関節を伸展させると、炎症部位(大腿骨外側顆)に疼痛が
           誘発されます。
  
 

 
 
 

 

(治療法)
・患部の安静を保ち、腸脛靭帯のストレッチを行います。
 
 

 
 
 
 

 

身体のことで気になることがあればぜひ当院へお越しください!

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

ジャンパー膝

2018.09.11 | Category: 未分類

【ジャンパー膝】
・ジャンパー膝はジャンプを頻回に繰り返すスポーツ選手に多くみられる膝伸展機構のス
 ポーツ障害であり、広義には大腿四頭筋腱炎、オスグッド・シュラッダー病を含みます
 がここでのジャンパー膝、すなわち膝蓋骨下極に生じる膝蓋靭帯炎についてやります。
 
 
 
 

 
 

(発生機序)
・急な加速や減速、ジャンプ、着地などのスポーツ動作の繰り返しにより、膝関節伸展機 
 構に過度の張力が加わり発生する典型的なオーバーユーズシンドロームです。
 バレーボール、バスケットボールなどの跳躍を多用するスポーツ種目で多く発生します。
  
 
 

 
 
  

(症状)
・膝蓋骨下極部に運動痛、圧痛を認めます。他動的に膝を深く屈曲すると疼痛が誘発され
 やすく尻上がり現象がみられる症例も多いです。
 

 
 

 
 
 

(治療法)
・患部の安静をたもち、大腿四頭筋、ハムストリングスの筋力訓練、ストレッチングを十
 分行います。

 
 
 

  

身体のことで気になることがあればぜひ当院へお越しください!

 
 

 
 
 
 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

コンパートメント症候群

2018.09.07 | Category: 未分類

【コンパートメント症候群】
・下腿のコンパートメントは前方区画、外側区画、後方浅区画の4つに分類されます。筋
 区画のうち前方および外側の筋区画は後方に比べ隔壁の伸展性が少なく強固なため、下
 腿のコンパートメント症候群は前方及び外側筋区画に発生しやすい特徴があります。
 
 
 
 

(発生機序)
1)急性型
 ・下腿骨骨折、打撲、筋挫傷、などの外傷により組織の浮腫が生じた結果、筋区画の内
圧が上昇し循環障害が発生します。

2)慢性型
 ・ランニングマンなどの運動に伴い筋区画内圧が上昇します。運動を中止し安静するこ
とで症状は消退します。

  

 
 
 
(症状)
1)急性型
 ・疼痛(自発痛、圧痛、筋緊張の疼痛)
 ・感覚障害
 ・運動障害
 ・動脈本幹の拍動は触知可能
2)慢性型
 ・運動時の疼痛、圧痛、下腿の緊張感など

 
 
 
 

(治療法)
 ・急性型では観血療法が選択されます。
本症候群においては急性外傷に実施するRICE処置のうち圧迫と挙上は、筋への血流減
少を助長させる可能性があるので行うべきではありません。

 
 
 
 
 
身体のことで気になることがあればぜひ当院へお越しください!

 
 
 

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

オスグッド・シュラッダー病

2018.09.06 | Category: 未分類

【オスグットシュラッター】
・オスグットシュラッダー病は10歳代前半の脛骨粗面部に痛みと腫脹を生じる骨端症の一
 つである。スポーツ活動をしている男児に多いです。
 
 

 

(発生機序)
・脛骨粗面の骨化が完成する以前の力学的に弱い時期に日常生活動作やスポーツ活動で大
 腿四頭筋の収縮が脛骨粗面を繰り返し牽引することにより発生します。
 
 

  

(症状)
・ランニングや階段の昇降など大腿四頭筋を強く収縮させる動作時に膝蓋靭帯付着部に限
 局して痛みが認められる。症状が進行するにつれて脛骨粗面部の膨隆は著しくなり、骨
 性に固くなることもあります。
 本症は慢性の経過を辿り、再発を繰り返しますが骨端成長軟骨版が骨化を完了する18歳
 ごろには症状は消失します。脛骨粗面部が膨隆したまま治癒するものもあります。
 
 
 

 
 
(治療法)
・局所の安静を中心とした保存療法が適応となります。運動前には十分なウォーミングア
 ップを行わせ、運動後にはアイシングを行って炎症の鎮静を図ります。
 膝蓋靭帯を押さえる装具の使用も有効です。

 
  
 

  

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日

駐車場のご案内