コンパートメント症候群

2018.09.07 | Category: 未分類

【コンパートメント症候群】
・下腿のコンパートメントは前方区画、外側区画、後方浅区画の4つに分類されます。筋
 区画のうち前方および外側の筋区画は後方に比べ隔壁の伸展性が少なく強固なため、下
 腿のコンパートメント症候群は前方及び外側筋区画に発生しやすい特徴があります。
 
 
 
 

(発生機序)
1)急性型
 ・下腿骨骨折、打撲、筋挫傷、などの外傷により組織の浮腫が生じた結果、筋区画の内
圧が上昇し循環障害が発生します。

2)慢性型
 ・ランニングマンなどの運動に伴い筋区画内圧が上昇します。運動を中止し安静するこ
とで症状は消退します。

  

 
 
 
(症状)
1)急性型
 ・疼痛(自発痛、圧痛、筋緊張の疼痛)
 ・感覚障害
 ・運動障害
 ・動脈本幹の拍動は触知可能
2)慢性型
 ・運動時の疼痛、圧痛、下腿の緊張感など

 
 
 
 

(治療法)
 ・急性型では観血療法が選択されます。
本症候群においては急性外傷に実施するRICE処置のうち圧迫と挙上は、筋への血流減
少を助長させる可能性があるので行うべきではありません。

 
 
 
 
 
身体のことで気になることがあればぜひ当院へお越しください!

 
 
 

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日

駐車場のご案内