リトルリーガー肩

2018.08.16 | Category: 怪我

リトルリーガー肩

 

リトルリーガー肩とは10~15歳の少年野球の投手に多くみられる上腕骨近位の骨端成長軟骨版の炎症ないし成長期の少年に繰り返される投球動作による上腕骨近位骨端線離開(疲労骨折)です。
小学校高学年から中学生の野球少年が肩の痛みを訴える場合、第一に考えるべき損傷です!

 
 

発生機序
・フォロースルー期での急激な上腕の内転、伸展および内旋により上腕骨近位骨端成長軟 骨板に捻じれと張力の過剰なストレスが加わり発生します。

症状
・投げようとするときの痛みが主ですが、痛みを生じる部位などは一定せず、肩全体に感じることが多い。
・圧痛は大結節ではなく骨端成長軟骨板の高さの側方にあり、腱板障害との鑑別が必要になってきます。急性期には熱感がある。

 
 
 

治療法
・1日または週の投球数を制限します。トレーニングの前後はストレッチ、ウォーミングアップ、クールダウンを行わせ、投球後は冷却することが大切です。

 
 
 

肩回りのことで気になることがあったらぜひ当院にお越しください!

 
 
 
 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku
 
  
 

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日