MENU
TEL TEL

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

肩こりの原因とは?

2016.12.15 | Category: 未分類

いわゆる「肩がこった」というのは簡単にいうと筋肉が緊張している状態です。

緊張とはつまり縮んで固くなった状態のことを言います。筋肉とはゴムみたいなもので伸びたり縮んだりします。

「筋肉を使う」ということは、つまり「筋肉が縮む」ということなのです。

そして肩がこった状態というのは、この筋肉が常に縮んでいて固くなってしまっている状態ということです。

それを「緊張」といいます。

 

 

筋肉は疲れると硬くなります。

1日中のデスクワーク、長時間の運転、日頃の家事・育児などで肩こり・腰痛を感じたという経験は少なくないかと思います。
そんな時、筋肉の中では酸素が不足し、乳酸等が作られています。

すると筋肉は硬くなり、コリやだるさを感じるのです。

 

 

肩こりの原因で1番多いのが、まさに筋肉疲労によるものです。

身体のあらゆる筋肉の中でも僧帽筋という筋肉が肩こりと最も深く関わる筋肉といわれています。

僧帽筋の役割は、重い頭の角度を保つと共に、上体を起こしている間

左右合わせて10Kgにもなる腕を支えるなど、日常生活でも酷使されるため、疲労が溜まりやすいのです。

 

 

特に、なで肩で筋力の弱い女性にとっては、とても疲労が溜まりやすい筋肉といえます。

次に、肩こりの原因として多いのが、姿勢によるものです。

猫背のように、頭の位置が前に出ると当然、頭の重心が前に移ります。この時、肩や首の筋肉は

正常な姿勢に比べ、その位置を支えようとして余計に疲労してしまい、肩こりを引き起こしてしまうのです。

 

 

原因の3つ目として、血行不良が挙げられます。

入浴やマッサージで肩こり・腰痛がラクになることはありませんか?

血液の流れが良くなると肩こり・腰痛も改善されていきます。

疲れて硬くなった筋肉が近くを通る血管を圧迫し、血行を悪くしてしまいます。

すると筋肉の中に発生した乳酸等が流れていかず、筋肉内に溜まってしまいます。

また、筋肉に届く酸素の量も減り、さらに乳酸が作られ、筋肉が硬くなります。

そうすると、ますますコリを感じるようになります。

当院では、身体のどの部位が肩こりを引き起こしてるのか突き止め、全身の骨格のバランスを整えます。

肩周りだけを集中的に治療するのではなく、

根本から治療することで肩こりを改善させていきます。

もちろん、肩だけではなく、全身を矯正する為、健康な身体が作られていきます。

 

 

肩こりでお悩みの方がいましたら、是非一度当院へお越し下さい!

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

緑町おおた整骨院

 

TEL:048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

寝違えについて

2016.12.13 | Category: 急性

寝違えの原因と対処法

 

朝、目が覚めて起き上がろうと不意に身体を動かした時、首に激痛が走り顔を動かすことが出来なくなってしまう、辛い寝違えは誰もが一度は経験したことがあるかと思います。

 

 

原因は主に、神経症状、枕の高さの不一致、慢性疲労、睡眠不足、身体の歪みが挙げられます。

 

神経症状とは、脇の内側を通る腋窩神経が圧迫されて起こる現象です。

横向きで寝ると腋窩神経を圧迫してしまいます。横向きの姿勢を長時間とることにより、神経を圧迫し、血行不良が生じて寝違いを引き起こします。

また、腋窩神経は首を支える筋肉に繋がっているので血行不良が起こると首に痛みがでてきてしまいます。

しかし、筋肉を緩めようとして、マッサージを行なったり、首を回したり伸ばしたりするのは逆に炎症を強めてしまい、症状を悪化させてしまうので、むしろ逆効果になってしまいます。

まずは、炎症を抑える為に患部を冷やすことが最重要です。

 

寝違いを頻繁に起こしてしまうという人は枕が合っていない可能性もあります。

タオルやバスタオルを折って枕にし、寝違えない高さを自分で見つけて寝るのもいいかもしれません。

 

日々の疲労やストレスが溜まっていると、寝ていても身体の緊張がほぐれずに寝違えが起こりやすくなってしまいます。

結果的に睡眠不足にも陥りやすくなってしまいます。

身体の歪みにも繋がっていきますが、土台となっている骨盤が歪んでいると全身に悪影響を及ぼします。

肩甲骨周りや首筋の筋肉は日常生活においても酷使する筋肉です。

筋肉が疲労すると、骨盤が歪み、背骨も歪み、肋骨の回旋や肩の高さの不一致が生じます。

それにより、ギックリ腰や寝違えが起こります。

1日ゆっくりする時間を作ったり、リフレッシュする時間も重要なお仕事の1つとして考えて頂きたいです。

 

対処法として、どんな原因でも首の周りの筋肉が炎症を引き起こしているので、まずは患部を冷やすことから始めてください。

冷やし方の例として、タオルを巻いたアイスノン、アイスパックを患部に10分程度当てておきます。

その後、外した状態で10分程度安静にし、その後再度10分程度冷やします。これを2〜3回繰り返します。

マッサージをしたり、お風呂に長時間入ったり、血流を良くすると返って悪化してしまうので控えてください。

 

先程も言った通り、身体の歪みも原因の1つです。

そして、その影響は全身に至ります。首に影響が出ているということは、他の部位にも痛みを伴うことが多いので、当院では痛みがある部位だけではなく全身の矯正治療を行なっています。

痛みの原因はもちろん、患者様一人一人に合わせた治療方法や、通院ペースを考えていくので少しでも気になる方はご連絡下さい!

LINEでのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡して頂ければと思います。

蓮田にお住いの方はもちろん、白岡市や伊奈町にお住いの方も数多く来院されています。スタッフ一同心よりお待ちしております!

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

緑町おおた整骨院

 

TEL:  048-769-4228

LINE ID:  @line-yoyaku

 

HP:  http://midoricyou-ota.com/

肘内障とは?

2016.12.12 | Category: 怪我

小児肘内障とは、3~6歳ぐらいの幼児にしばしば生じる状態で、子供の関節の端が少しずれて外れかかっている状態のことを指します。

骨と骨をつないでいる関節が完全に外れてしまう脱臼とは異なり、亜脱臼といいます。

親御さんなどが手を引っ張ったあとに、子どもが痛がって手をだらんと下げて動かさないのが特徴です。

しのずれとはいえ、痛みを伴い、曲げ伸ばしも難しくなるため、子供が腕を動かせなかったり、痛くて泣いたりするときには、この小児肘内障の可能性があります。

症状は、特に肘関節周辺の腫れはなく、X線検査で異常所見もみられませんが、原因は橈骨頭を支える輪状靭帯から橈骨頭が半分抜けかかるためといわれています。

 

 

具体的にどんな状況で小児肘内障になることが多いのでしょうか?

例えば、子供を危険から守るために手を引っ張ったとき、転んだ子供を起こそうとして手を引っ張ったとき。

また、就寝中に自分の身体で肘を下敷きにして寝ていてそのまま小児肘内障になってしまうというケースも。

子供が意識していなかった、つまり筋肉に力を入れていなかったときに、急に引っ張ることで生じることが多いようです。

 

症状として多いのは、

・肘を痛がるが腫れはない

・肘を曲げられない

・触ることを極度に嫌がる

・腕がだらんとしたままで動かない

・泣き方がいつもと違って激しい

 

と、いうものが挙げられます。

 

治療方法についてですが、骨折や脱臼の可能性がなく、症状や経過から肘内障が疑われた場合は、徒手整復を行います。

整復をしたあとは、痛みがすぐに無くなるので子供も嘘のように泣きやんで元気になることがほとんどです。

固定やリハビリ、投薬の必要もありません。

しばらくは肘の関節を激しく動かすようなことはせず、自宅で様子を見ることになります。

肘内障は、ただのクセなどと考えずに、きちんと治療をすることが大切です。

肘関節の異常は、肩関節にも大きく影響し、ひいては全身の歪みにつながります。

当院では全身の歪みの矯正、各関節へのアプローチもしっかり行なっていくのでお子さんの治療も安心してお任せください!

蓮田や白岡、伊奈町からの患者さんも数多くいらっしゃいます。

年末で外出時に手を引っ張る機会が多く、季節柄もあると思いますので、なにかありましたら当院へお越しください。

 

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

緑町おおた整骨院

 

TEL:  048-769-4228

LINE ID:  @line-yoyaku

 

HP:  http://midoricyou-ota.com/

意外と関係ある膝の痛みと骨盤の歪み

2016.12.08 | Category: 未分類

今回は骨盤と膝の意外な関係性をご説明していきます。

なにもしてないのに膝に痛みを抱えたり、怪我をしてないのに膝に痛みを抱えたことはありませんか?

実はそれは膝の問題ではなく骨盤からくる問題かもしれません。

まず、骨盤という部分は上半身の背骨と下半身の股関節を繋いでいるいわば人間の土台となる部分なのです。

その土台の骨盤が歪んでしまうとそれは骨盤だけの問題ではなくなり、身体全体の歪みへと繋がるのです。

骨盤の歪みと言われてもイマイチ想像できない方もいると思いますが、例えるなら骨盤は家の地盤だと思ってください。

地盤がゆるゆるになってしまうと必然的に家が傾いてしまいますよね。

骨盤も同じで歩き方や座り方、運動時の悪いクセが積み重なっていき次第に骨盤にズレがおきてくるのです。

それが左右の足の長さの違いや、X脚・O脚に繋がることもあるのです。

膝の痛みは加齢や筋力の低下によるものもありますが、こういった骨盤の歪みを支えている膝にストレスが溜まっていき次第に耐えられなくなり痛めてしまうこともあるのです。

 

 

当院には近辺に住んでいる蓮田市、白岡市、伊奈町と数多くの患者さんが来てくださいますが、遠くからお越しの方もたくさんいらっしゃいます。

根本となる骨盤矯正を得意とし、膝の痛みはもちろんその他のお身体のお悩みや精神的なお悩みまで一緒に解決までサポートしていきたいと思っております。

お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にLINEやお電話等お待ちしております!スタッフ一同、誠心誠意診させて頂きます。

 

・ホームページURL

http://midoricyou-ota.com

・緑町おおた整骨院

・電話番号

048-769-4228

・LINEID

@line-yoyaku

根本改善!!四十肩・五十肩

2016.12.08 | Category: 未分類

今回は四十肩、五十肩についてご説明していきます。四十肩、五十肩を医学では肩関節周囲炎と読んでおります。その名の通り肩関節の周りの筋肉や靭帯、健などが炎症を起こして痛みを伴う症状です。肩関節の動きが悪くなったり、痛みを発症したら四十肩、五十肩の症状が考えられます。

・原因

原因として考えられるのが運動不足による筋力低下もありますが、姿勢や日常生活のクセ、体全体のバランスの悪さからそれが積み重なっていき発症するとも言われています。その積み重ねが身体全体の歪みとなり、姿勢が悪くなり肩が身体よりも前に入ってしまうことで周囲の靭帯、健、筋肉に炎症が起こり四十肩、五十肩を発症するのです。

・肩こりとの違い

四十肩、五十肩は関節が炎症を起こして痛みを自覚するのに対して肩こりは肩周りの筋肉疲労によって重だるさを自覚します。同じ肩周りの症状ですが肩こりの多くは筋肉の血行不良によるもので、四十肩、五十肩は先ほど説明した、肩周りの靭帯、健、筋肉に炎症が起こり発症するので違いはそこにあります。

当院では肩周りの矯正に特化しており四十肩、五十肩特有の肩の挙げづらさ、朝晩の急激な痛み、後ろに手が回せないなどのお悩みを模型を使ったりしてわかりやすくご説明していきます。いまのお身体の状態から治療後のビフォーアフターまでご自身で実際に体感して頂き治療効果をわかって頂けるよう心掛けております。

根本的なお身体の改善を目指しており痛みのないお身体作りを一緒に作っていきましょう!特に近辺に住んでいる蓮田市、伊奈町、白岡市の方々のお力になれればと思っております!

お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にLINEやお電話等お待ちしております!スタッフ一同、誠心誠意診させて頂きます。

・ホームページURL

http://midoricyou-ota.com

・電話番号

048-769-4228

・LINEID

@line-yoyaku

むち打ちとは

2016.12.08 | Category: 神経痛

今回はむち打ちについてご説明していきます。

むち打ちとは車で追突された時の衝撃で首がむちのようにしなる事からむち打ちと総称されました。

急激な外力により発症するため症状自体は重く完治するまでには少し時間がかかってきます。

 

○むち打ちの特徴 ・むち打ちの症状は数時間、数日経過してから起こることもあり翌日に症状が現れてるとは限りません。

・むち打ちの症状は首の動かしずらさや痛みだけではなく、重だるさを感じたりめまい、吐き気を訴える方もたくさんいらっしゃいます。

・むち打ちの症状は首だけでなく肩の痛み、手のしびれ、腰痛、自律神経の乱れ、耳鳴り、頭痛など身体全身に症状が行き渡ります。

・むち打ちはレントゲンやMRIに異常をきたさないため見落とされやすくしっかりと治療をせずに痛みを抱え込んでいる方が数多くいらっしゃいます。

 

○当院でのむち打ち治療 当院ではむち打ちはもちろん交通事故後のお身体のメンテナンスに特化した治療を行っております。

まずむち打ちの初期治療として患部に激しい炎症をきたしてる場合が多く、まずはしっかりと炎症を抑えていかなければならないのでアイシングをして炎症を取っていきます。

同時に患部をしっかりとサポートするためにテーピングを巻いていきます。

炎症が収まり落ち着いてきたら手技と電気治療をしていきますが、患者さんに合わせてしっかりとお身体全身を診させて頂き全身治療をしていきます。

その後は全身矯正も加え骨格系からお身体の改善にアプローチしていきます。

根本的なお身体の改善をしていき痛みのないお身体作りを目指しております!

 

特に近辺に住んでいる蓮田市、伊奈町、白岡市の方々のお力になれればと思っております!

お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にLINEやお電話等お待ちしております!

スタッフ一同、誠心誠意診させて頂きます。

 

・ホームページURL http://midoricyou-ota.com

・緑町おおた整骨院

・電話番号 048-769-4228

・LINEID @line-yoyaku

脊柱管狭窄症とは

2016.12.08 | Category: 神経痛,腰痛

背骨に囲まれた管状の空間のことを言います。

 

 

背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。

椎骨は椎体と椎弓からなり、その間にある空間(椎孔)が積み重なってできるのが脊柱管です。

脊柱管を取り囲む椎体や椎弓の変性や靭帯の肥厚、椎間板の変性による膨隆、突出、つまり、脊柱管を構成する組織のなんらかの変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫されることで、神経が障害され、症状として腰痛や下肢のしびれなど、さまざまな不具合が起こります。

生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もありますが、変形性脊椎による椎体の骨棘や、変性すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形など、背骨に加齢に伴う変化が加わることが原因で脊柱管の狭窄が起こります。

老化現象の一つで、年をとると多かれ少なかれ脊柱管は狭くなっていきます。

有名人だとみのもんたさんも患っていたりしたそうです。

 

 

高齢の方に多くみられますが、若いときに重労働や重いものを持つ職業で無理をしたり、若いときに腰を痛めたことがある人、長時間運転する人などは加齢により、変形性脊椎症が起こり進行しやすく、変性すべり症は中年の女性に起こりやすいことがわかっています。

それらの人は腰部脊椎狭窄症になりやすいでしょう。 腰痛、腰の周りが重かったり、違和感、はり感がある、などに加えて、足にしびれや痛みがある、普段はなんともないが、歩き出すと足がしびれて歩けなかったり、歩きにくくなるが、前かがみで休むとまた歩けるようになる間欠跛行などの症状が腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

その症状は太ももからふくらはぎ、足の裏などに、両側に出る場合や片側だけに出る場合があります。

足先が持ち上がらない、階段でつまずく、スリッパが脱げやすいなど足に力が入りにくかったりすることもあります。

さらに症状が悪化すると、歩行時に尿意を催すなどの排尿障害や便秘、会陰部(えいんぶ)に灼熱感(しゃくねつかん)などの異常が起こってきます。

足の症状だけで、腰痛は全くない場合もあります。

 

 

間欠跛行は安静時にはなんともない人が、ある時間歩き続けていると、足の痛みやしびれ、脱力感が強まって、歩きにくくなったり歩けなくなり、しばらく前かがみになって休むと、痛みやしびれが軽くなってまた歩けるようになる症状です。

症状が進むと、歩ける距離がだんだん短くなって、立っているだけでも辛くなることもあります。

安静時に足のしびれや脱力感がある人が、歩くことで、これらの症状が強くなったり、反対の足にも症状がでたりして、休息で楽になる場合も間欠跛行と言います。

これらの症状は腰の治療をすることによって症状が改善し長く歩けるようになったりします。

まずは腰にかかっている歪みを取り除くことによって負担の出ない身体を作っていくことが大事です。

 

蓮田市、白岡市、伊奈町からの来院の方も多くいらっしゃいます。

 

LINEでのご相談も承っておりますので気軽に登録、連絡お待ちしております。

スタッフ一同お待ちしております!

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

緑町おおた整骨院

TEL:048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

久しぶりの運動で肉離れ、、、

2016.12.05 | Category: 怪我

〝肉離れ〟昔からよく耳にしたことのあるケガの名前ですが、それは一体どういうケガなのでしょうか?

 

簡単に言うと肉離れとは、急激に筋肉が収縮したことによって起こる、筋肉の損傷や断裂です。

スポーツをしている最中に起こりやすく、筋肉に急に強い収縮力が働いた時などに、自分の筋力に耐えきれなくなって筋組織を損傷します。

ひどい場合だと、ブツッ!と音が聞こえることもあります。 身体の筋肉の中で1番肉離れを起こしやすいのが太ももの後ろの筋肉「ハムストリングス」です。

ハムストリングスとは、太ももの裏側にある複数の筋肉の総称の事で、スポーツアスリートの肉離れの多くはハムストリングスに集中します。 ハムストリングスが肉離れを発症しやすい原因としては

 

 ・柔軟性の不足 ・筋力の低下 ・拮抗筋とのバランスの悪さ  の3点が主な原因です。

 

ハムストリングスの肉離れの中でも一番の原因として考えられる要素は3番目の「拮抗筋」とのバランスによる原因です。

太ももの筋肉は人体の中でも非常にがっしりとした筋肉ですが、大半が「太もも前面の筋肉に対し後面の筋肉が弱い」というアンバランスな発達状況にあります。

その為、太ももの筋収縮を急激に行うと、弱い後面のハムストリングスに肉離れを発症します。

 

肉離れを実際に発症してしまった場合は、まず焦らずに症状を確認する必要があります。

まずスポーツ障害の応急処置の基本とも言える、RICE処置を適切に行っていく事が重要となります。

 

RICE処置とは、スポーツ障害全般の応急処置方法の基本として非常に重要な処置方法となります。

RICE処置のRICEとはその処置方法の頭文字のイニシャルから名づけられており

●R = Rest(安静)

●I  =  Ice(アイシング)

●C = Compression(圧迫・固定)

●E  = Elevation(挙上) の処置を行う意味をもっております。

RICE処置は応急処置の大原則ともなっており、肉離れのみならず様々なスポーツ性障害の応急処置の基本となる治療法です。

 

 

当院では、骨盤矯正だけでなく、スポーツ整体の治療も行なっています。骨折や打撲や捻挫、挫傷はもちろん、筋肉損傷の治療もしっかり診させて頂きます。

学生さんやゴルフなどされてる方なども多く診させていただいてます。

 

 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101 緑町おおた整骨院

TEL: 048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

HP: http://midoricyou-ota.com/

今話題の骨盤矯正!!

2016.11.28 | Category: 神経痛,腰痛

まず、骨盤とは上半身の背骨と下半身の股関節を繋いでいて人間の身体全体のバランスをとるとても大切な役割をしているところになります。人間でいう土台の部分が骨盤となるので、この骨盤が歪んでしまうと体全体が歪んでしまう恐れがあり、骨格・筋肉・血液循環・自律神経などに悪影響を及ぼす原因となるのです。

 

首から肩にかけての痛み、それに伴う激しい頭痛、慢性的な腰痛、腕や脚のしびれ、猫背姿勢、疲れが取れず身体が重だるいと感じられる方。

 

例えばこのような症状は骨盤の歪みを始めとする悪い循環が原因となり起きてしまうものなのです。

 

日常生活をなにげなく過ごしている姿勢であったり、お仕事による疲労がだんだんと溜まっていくとそれがやがて悪いクセとなるので根本となる骨盤から改善をしてくことが必要となっていきます。

 

中でも出産により骨盤が広がってしまうママさんは特に骨盤とそれに伴う背骨、股関節、肩関節、膝関節と各関節の歪みはひどくなっていきます。なので、症状自体も重くなっていきお身体の負担はものすごいのとなるのです。

 

当院では骨盤矯正を始めとする各関節の矯正。産後による骨盤の広がり。姿勢矯正などお身体の歪みに対しての治療に特化しております。根本的にお身体を改善させて頂き痛みのない理想なお身体を一緒に目指していくのが当院の理念となりますので是非一度当院へお越しください!

 

いま蓮田市、伊奈町、白岡市を始めとする埼玉県の人口が増えてきているのでひとりでも多くの方々に骨盤矯正の重要性とその後の豊かな人生をおくって頂けるように、そのお手伝いをしていき少しでもお力になれればと思いますのでなにかありましたらお気軽にお電話、LINE等お待ちしております!

 

・ホームページURL

http://midoricyou-ota.com

 

・電話番号

048-769-4228

 

・LINEID

@line-yoyaku

放置しておくと危険⁉︎坐骨神経痛とは

2016.11.28 | Category: 神経痛

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている『坐骨神経』が、様々な原因によって圧迫、刺激されることで現れる鋭い痛みや痺れなどの症状を指します。

身体の中で最も太く、長い神経なので、その影響は身体に大きく関係しています。
症状は主に、お尻から太ももの後面にかけての痺れ、ふくらはぎや足の甲、足先の痺れや疼痛、ふくらはぎの張りや冷感、灼熱感、締め付け感など、人により症状は様々です。

 

坐骨神経痛になる原因とは、一体何なのでしょうか?
一つ目は、椎間板ヘルニアによるものが1番多いと言われています。椎間板とは、背骨を構成している椎体と椎体の間にあるクッションの働きをする軟骨です。

この軟骨がはみ出したり、飛び出したりしてしまうのが椎間板ヘルニアです。

それが腰の部分で起こると、神経を圧迫して坐骨神経痛を起こしてしまいます。腰椎は上半身を支える重要な部位です。大きな荷重を受け持ち、同時に可動性も大きいため椎間板の障害を起こしやすいと言われています。

 

ニつ目は、梨状筋が神経を圧迫して起こるものです。

お尻の筋肉が硬くなっていたり、うまく使えていないことが原因と考えられます。

梨状筋が血行障害などで硬くなると、坐骨神経が圧迫や摩擦を受けやすくなり発症します。

長時間のデスクワークにより、座った姿勢が長く続くと梨状筋は硬くなりやすいです。

 

この坐骨神経痛の原因は、一つではなく複合的になっている場合が多く、更に人によって症状は様々です。

そのため、一人一人にあった治療法、改善法があります。

当院では患者様一人一人の痛みの原因を突き止め、その患者様にあった施術を行うことで痛みを軽減、解消しています。

骨盤矯正することにより、歪んだ骨盤や背骨を正しい姿勢に戻し、腰椎の負担を軽減することができます。さらに、自宅でできるセルフケアやストレッチの指導も行なっておりますので少しでも気になった方は是非ご来院ください。

隣町の白岡市、伊奈町の方も多数お越しいただいてます!

 

LINEでのご相談も承っておりますので気軽に登録、連絡して下さい!スタッフ一同お待ちしております!
埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
緑町おおた整骨院

TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日

駐車場のご案内