寝違え

2018.08.18 | Category: 未分類

【寝違え】
 急性疼痛に頸椎や肩甲骨の運動性が制限された状態のことを言います。
 
 
  

(発生機序)
 ・大部分は長時間不自然な姿勢をとったり、寒冷(寒さ)にさらされたり、疲れている 
ときなどに不用意に首をひねったり、肩甲骨の動かしたりしたときに起こる一過性の 
筋痛ではありますが頸椎の退行性変化を基盤として起こる場合や炎症性の痛みによる
場合もあります。
 
 
 
 
 

(症状)
 ・頸椎(首)の運動制限はあらゆる方向に見られますが、特に首をひねった動きや横に
倒す動きが制限されることが多いです。
 ・痛みは僧帽筋、菱形筋、胸鎖乳突筋、肩甲上神経部等に見られ、これらの圧痛部にち
ょっとしたしこりを触れることもあります。さらに頚部から両側肩甲間部にまで痛み
が放散することも少なくないと言われています。

 
 
 
 
  
 

(治療法)
 ・寝違えに気づいたら直後はまず冷やしてください。
  保冷剤などをタオルで包んで痛いところを冷やしましょう。
その際はずっと冷やすのではなく10分冷やしたら5分くらいはずすという感じで行っ
て下さい。
首が気にるので首を動かしたくなると思いますが、首を動かすというよりは肩甲骨を
動かすイメージで肩を動かしてください。

 
  
 

比較的に予後は良好で数日から数週間でよくなりますが時には数カ月も疼痛状態が
続くこともあります。
頭痛、吐き気、目の奥の痛みなどが気になる場合はほかの病気が原因の場合があるの 
でその際は病院を受診してください。
腕や手の痺れが1週間以上続いてる場合も同じく病院を受診して下さい。

 
 
 
 
 
 

寝違えは頸椎椎間板ヘルニア、リンパ性斜頸、悪性腫瘍の頸椎転移などとの鑑別が
必要です。

 
  
首回りで気になることがあったら是非当院にお越しください!
 
 
 
 
  
 
 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

テニス肘

2018.08.17 | Category: 未分類

【テニス肘】
 
 

・テニス肘とは一般的に、テニスのバックハンドストロークで発生する上腕骨外側上顆炎
 による外側型の疼痛性運動障害を総称してテニス肘と呼びます。
・病因は使い過ぎであり、ラケットのを扱いなれてない初心者やラケット自体を支える筋
 力の弱い40~50歳の女性に好発します。
 
 
 

(発生機序)
・発生頻度が高く、バックハンドストロークでフレームに当たってしまったときなどの衝 
 撃に、手関節の伸筋、特に短撓側手根伸筋で対抗しようとして、筋肉の起始部で変性を
 起こしたり、外側上顆部の微小断裂、骨膜の炎症を発生します。
 
 
 
 
 

(症状)
・手関節の背屈時やラケットのグリップ時の肘から前腕にかけての痛みや局所の圧痛、熱
 感がある場合もあります。
・日常生活では、手のひらを下にした状態でものを持ち上げたり、タオルを絞る動作の時 
 に痛みを感じます。
 
 
 
 
 
疼痛誘発テストというものが三つほどあるので紹介します。
1.椅子テスト(chair test)
 肘関節伸展位、前腕回内位この肢位で椅子などをつかみ上げたりしたときに痛みが出
たら陽性です。
2.トムゼンテスト
患者さんに拳を作らせ、肘関節伸展位、前腕回内位、手関節を背屈させます。
検者は手関節に対して床の方向に抵抗を加えます。
この時に痛みを感じたら陽性です。
3.中指伸展テスト(middle finger extension)
患者さんに前腕回内位、肘関節、手関節、中指をそれぞれ伸展してもらいます。
検者は中指に対して床の方向に抵抗を加えます。
 
 
 
  
 
 

(治療法)
・保存療法を継続すると数カ月で症状の改善が見られます。
 手の使用をなるべく少なくし局所の安静のための固定、テニス肘バンドを使用すること 
 も有効です。疼痛が軽減すればストレッチ、筋力強化訓練を行い技術の修得、ラケット
 を自分に合ったものに変更するなどして再発防止に気を付けるべきです。

 

 

 

肘周りで気になることがあったら是非当院にお越しください! 

 

 
 
 
 
 

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

リトルリーガー肩

2018.08.16 | Category: 怪我

リトルリーガー肩

 

リトルリーガー肩とは10~15歳の少年野球の投手に多くみられる上腕骨近位の骨端成長軟骨版の炎症ないし成長期の少年に繰り返される投球動作による上腕骨近位骨端線離開(疲労骨折)です。
小学校高学年から中学生の野球少年が肩の痛みを訴える場合、第一に考えるべき損傷です!

 
 

発生機序
・フォロースルー期での急激な上腕の内転、伸展および内旋により上腕骨近位骨端成長軟 骨板に捻じれと張力の過剰なストレスが加わり発生します。

症状
・投げようとするときの痛みが主ですが、痛みを生じる部位などは一定せず、肩全体に感じることが多い。
・圧痛は大結節ではなく骨端成長軟骨板の高さの側方にあり、腱板障害との鑑別が必要になってきます。急性期には熱感がある。

 
 
 

治療法
・1日または週の投球数を制限します。トレーニングの前後はストレッチ、ウォーミングアップ、クールダウンを行わせ、投球後は冷却することが大切です。

 
 
 

肩回りのことで気になることがあったらぜひ当院にお越しください!

 
 
 
 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku
 
  
 

上腕二頭筋長頭腱損傷

2018.08.09 | Category: 怪我

上腕二頭筋長頭腱損傷

そもそもなぜ上腕二頭筋と呼ばれているかご存知ですか?
その名前の通り筋肉が長頭と短頭と呼ばれる二つに分かれているからです。
長頭は肩甲骨関節上結節から起こり橈骨粗面に停止します。
短頭は肩甲骨烏口突起から起こり橈骨粗面に停止します。

この損傷はどういったときに発生するかというと
1、肩関節の外転、外旋の動き、仕事やスポーツでこの動作を繰り返されたとき
2、重いものを持ち上げたとき上腕二頭筋の張力を超えて収縮したとき
3、緊張している上腕二頭筋に対して突然強い伸ばす力が働いたとき
があります。

主な症状は
1、断裂音とともに激痛があり、腫脹と腕の部分に皮下出血斑がみられます
2、上腕二頭筋の筋腹(力こぶ)が前腕の方に移動し、健側と患側を比較すると患側の
 が小さくなっています、夜間寝ているときに痛みを感じることがあります

この症状は肩の腱板断裂と間違えやすいですがそんなときに鑑別するテスト方があるので紹介したいと思います。
1つ目
・スピードテスト
肘関節伸展、前腕回外位で肩関節45度屈曲位で患肢を前に差し出させ肩関節の屈曲運動をさせる。検者は、肩と前腕に手を当て、屈曲運動に対し抵抗を加えその時に結節間溝部に疼痛があるか見る
2つ目
・ヤーガソンテスト
患者の肘関節90度屈曲、前腕回内させ検者は患者の手をしっかりつかんで抵抗のもとに前腕に回外運動を試みさせその際に結節間溝部に限局性の疼痛があるか見る
以上二つが上腕二頭筋長頭腱損傷の検査です。

この症状は時間とともに軽減し機能障害なども残すことは少ないといわれています。
ですがスポーツや腕を使ったりすることが多い若い人には観血療法をすすめるべきと言われています。

もし肩や腕が気になったらぜひ当院にお越しください!

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)

2018.08.08 | Category: 未分類

TFCCが何の略かというと
Triangular Fibrocartilage Complex の頭文字をとってTFCCと言われています。

なかなか聞きなれない病名ですが、
手首の小指側の部分での痛みの原因にはこの疾患が多く見られます。
一般には手首の捻挫と片づけられてしまいそうですが、なかなか痛みが引かなかったり
治ったと思ったら、すぐまた同じ場所が痛むなどして、すっきりしないことが多いので
手首の痛みが気になって当院に来院される方が多くいらっしゃいます。

≪発生機序≫
転倒などで手をついたときや、手首から前腕の回内力(手の平を下にする動作)が加わった際で発生するもの、または手首の使い過ぎなど、軽微な外力で発生することがあります。

≪症状≫
手首の小指側の痛み、手のひらを上にしたり下にする動作、ときに痛みとクリック感というものが感じられます。
さらに小指側に手首を曲げると痛みが増加します。
尺骨頭と手根骨間と言われるところに痛みがあります。
TFCCストレステストといわれるものがあるのですがそれが陽性になります。

≪ストレステスト≫
①患者さんを肘関節を曲げた状態で、腕は中間位とします。
検査する方は一方の手で患側の腕を持ち、他方の手で患者の手首を保持し尺屈強制させ
ながら手のひらを上にしたり、下にする動きをさせます。
この動作で手関節尺側部に疼痛またはクリックが誘発されれば陽性となります。

②患者さんを肘関節を曲げた状態にします。
検査する方は、一方の手で患側の腕を、もう片方の手で患者の手首を持ち、手のひらを上にしたり下にしたり、尺屈強制します。この動作で手首の尺側部に疼痛またはクリックが誘発されれば陽性となります。

≪治療法≫
原因となる動作の中止と、局部の安静を図り、保存療法を行います。
改善が見られなければ手術が必要になります。
当院では固定療法も行っています。
そうすることで、TFCC部分の炎症を押さえて痛みが出ないように保護することができます。

以上のように、手首の捻挫と思っていてもなかなか痛みがとれなかったり、スポーツの時に握る動作ができないぐらい痛い場合にはTFCC損傷が疑われます。少しでも違和感や痛みを感じる方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院へお越しください!

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

野球肘

2018.08.08 | Category: 怪我

お子さんの野球肘でお困りの方はいらっしゃらないでしょうか?

野球肘とは上腕骨内側上顆炎の総称でゴルフやテニスなどのスポーツで発生する肘部の疼痛性運動障害の一つです。
成長期の過剰な投球動作などにより発生する野球肘はリトルリーガー肘とも呼ばれています。

野球肘は3つのパターンに分類されます。
1.内側型(内側上顆、前腕回内屈筋群、内側側副靱帯、尺骨神経)
2.外側型(上腕骨小頭、橈骨頭)
3.後方型(肘頭)
に分類されます。

この中では内側型が一番多いと言われています。
内側型は加速期からフォロースルー期にかけて肘にかかる強い外反力に対して、前腕回内屈筋群が強く収縮し、また内側側副靱帯により強い引っ張りのストレスが肘部内側にかかり発生します。
症状としては
内側上顆部の疼痛、腫脹、圧痛、軽度の肘伸展障害、投球動作時のなど成長期には骨端核の肥大、分節化、骨端線離開になる可能性があります。
将来的に肘関節の不安定症や遅発性尺骨神経麻痺(肘部管症候群も含む)の発生もありええます。

外側型では強い圧迫力を加えられたことで上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎を発生します
将来的に変形性関節症になることもあります。

野球肘が疑われる場合は成長期におけるものは治療が長期化することが多いです。
投球はもちろんバッティングも禁止させます。
保存療法は最低でも3ヶ月行い肘の自動運動をさせ野球などのスポーツ、部活動の復帰には1年以上かかります。

この時期の1年はとても長く貴重な時間になると思います。
なので野球肘になる前に予防することがとても大事です。

野球肘に対する予防としては早期発見と投球数の制限があります。
小学生では1日50球程度で週200球
中学生では1日70球程度で週350球
高校生では1日100球程度で週500球を超えないことが良いとされています。

野球肘になる前に投球フォームなどを見直すことも重要でしょう。
当院が行っている骨盤矯正でしっかり骨盤と姿勢をよくすることで自然と投球フォームも無理な体の使い方ではなくなり肘への負担も軽減されます。

一見骨盤は関係なさそうですが骨盤は人間の土台となる部分なのでとても重要になってきます。

野球肘などが気になったらぜひ当院にお越しください。

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:048-769-4228
LINE ID: @line-yoyaku

捻挫について

2017.02.17 | Category: 怪我

関節が不自然な外力により生理的な可動範囲を超えるような動きを強制された時に発生する、代表的な外傷が捻挫や脱臼です。
 
このうち関節を構成している相互の骨と骨の間にずれのないものを捻挫といい、多少なりともずれが生じたものを脱臼あるいは亜脱臼といいます。
 
捻挫を最も起こしやすい関節は足関節ですが、人の体のなかには一般の人の想像をはるかに超える多数の関節があります。
 
四肢の関節のなかにも肩、膝、足など、誰もが関節と認識する関節のほかに、動きが小さいために目立たない関節が多数あります。
 
背骨を構成する一つひとつの椎骨の間にもすべて関節があるのです。
 
小さい関節の捻挫といえば突き指になります。
 
 
これらの関節がずれないように骨と骨の間をつなぎ止め、さらに関節の動きをコントロールする非常に重要な組織が靭帯です。
そして、大半の関節は複数の靭帯でいろいろな方向から支えられているのです。
 
捻挫の重傷度を左右するのは、これらの靭帯の損傷の程度です。
 
靭帯は受けた外力の大きさや方向によって、伸びたり切れたりします。
 
最も軽いのは靭帯を構成する線維のほんの一部が切れたり伸びたりするものですが、複数の靭帯が完全に断裂するような重いものもあります。
 
ただし、このような重傷例は靭帯が断裂する際に必ず関節のずれを伴うので、厳密には捻挫とはいえず、○○靭帯損傷という具体的な外傷名がつけられるのが一般的です。
 
捻挫とは断裂にまでは至らない程度の靭帯損傷が主病態になった外傷で、しかも骨折は伴わないものと理解するのが一般的です。
 
 
頻度としてはスポーツによる捻挫が多いかと思われます。
学生さんの捻挫も多く診させていただいてます。
伊奈町、白岡市、蓮田市の学生さんも多く通院されてます。
 
 
替えの効かない身体ですから、捻挫と軽くみることなくしっかり治療されることを勧めます。
伸びてしまった靭帯はなかなか元に戻りづらい為に後々、関節の痛みとして発症してしまう場合もあります。
そうならない為にも早期の治療が大事になって来ます。
そんな時はひつじ整骨院蓮田院までご連絡ください。
電話でもLINEでもご予約連絡をお待ちしております。
埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
ひつじ整骨院蓮田院
 
TEL:  048-769-4228
LINE ID:  @line-yoyaku

変形股関節症

2017.02.10 | Category: 未分類

この病気は股関節への血液循環が不十分であったり、関節を酷使したりして軟骨に変性が起こることによって、股関節が変形した状態です。

 

変形性股関節症は特発性のものと続発性のものに別けられます。

 

特発性のものは、正常に発達した後に、成人以降に発症したものです。

 

続発性のものは先天性股関節脱臼や股関節臼蓋形成不全など、生まれつき股関節に問題があることがあります。

 

そのほかペルテス病、大腿骨頭壊死、大腿骨頭すべり症などでも起こります。

 

変形性股関節症は「痛みの原因=股関節が擦り減って変形していることだ」と考えます。

 

痛みは股関節だけに限らず、臀部、大腿部、あるいは下肢全体にわたって感じることがあります。

 

痛みが続くと運動制限と関節の変形が起こり、股関節が硬くなって歩行が困難になります。

 

筋萎縮(筋肉が痩せて細くなる状態)が起こり、筋力の低下が認められることもあります。

 

一般的な病院では筋力を鍛えたりストレッチ体操をすすめられたりすることが多く、一定の年令以上になって痛みが強いと手術をすすめられることがあります。

 

 

それに対して当院では骨盤矯正をすることにより股関節にかかる負担を少しでも減らし、変形の予防をしていきます。

蓮田市、白岡市、伊奈町にお住まいで痛みでお悩みの方、一度ご相談下さい。

痛みを我慢してる間に悪化してしまっては辛いと思いますので、その痛みに力になれたらと思います。

 

 

 

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

ひつじ整骨院蓮田院

TEL:048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

変形性脊椎症とは

2017.02.08 | Category: 未分類

まず脊椎・脊柱について

背骨は硬い骨(椎骨)と水分を含んだ柔らかい組織(椎間板)が交互に重なってできています。

背骨全体を「脊柱(せきちゅう)」と呼び、一つ一つの骨を指す場合に「脊椎(せきつい)」と呼ばれます。

背骨は、「椎骨」という骨と、「椎間板」というクッションの役割を果たす軟骨組織が積み重なってできています。
これらの組織は、歳をとって弱くなったり、長年体重などによる負荷がかかり続けることで、潰れたり左右に飛び出したりと徐々に痛んで変形してゆきます。

最終的には椎骨がトゲのような形状になり、周囲の神経などの組織を刺激すると、神経性の痛み(坐骨神経痛)やしびれなどを起こします。

これが変形性脊椎症です。

※変形性脊椎症が頚椎(首の骨)で生じたものは変形性頚椎症と呼びます。

 

脊椎の変形自体は、病気ではなく、加齢に伴って誰にでも起こる自然な現象です。

また、椎間板だけでなく、椎骨がズレないように支えている靭帯が硬くなったり弱くなったりして、椎骨のズレが生じやすくなります。

こうして背骨に出てしまった変化により問題が起こり、老化現象や色々な要素が複合的に影響して、脊椎の変形が起こり、痛みを発生させる元となります。

 

当院ではその変形を生み出してしまう骨にかかる負担をなるべく軽くできるよう治療していきます。

進行を抑えるのも一つの治療になります。

 

 

当院は蓮田市にありますが白岡市、伊奈町など他の市町村からもお見えになっております。

痛みで悩みを抱えたままにせず一度ご相談頂けたらと思います。

予約はLINEでも承っております。

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

ひつじ整骨院蓮田院

 

TEL:048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

 

しびれ・神経痛について

2017.01.24 | Category: 未分類,神経痛

 

神経痛は末梢神経(手足などの先の神経)の感覚神経(感覚をつかさどる神経)が何らかの刺激を受けて、中枢神経に痛みとして伝達することによって起こるものです。

 

一般的に神経痛のしびれはピリピリ、ヒリヒリと感じる場合が多いです。

 

神経痛でよく起きる代表的なものは「坐骨神経痛」、「肋間神経痛」、「手根管症候群」と言われています。

 

特に多くみられる坐骨神経痛はおしりから太ももの後ろ、ふくらはぎ、足先にかけて痛みとしびれが起きるものと言われています。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因で圧迫によりつぶれた椎間板が坐骨神経を刺激することによって起こることが多く、おしりから足先まで電気が走ったような痛みがあらわれます。

また動いたり、姿勢によっては神経を圧迫することにより痛み具合が変化する場合もあります。

 

当院の治療では身体の土台となる骨盤から整え、次に背中(猫背など)歪みを整えることによって、神経の圧迫などを軽減させ、しっかり治療していくことにより坐骨神経痛も改善します。

 

しびれや神経痛でお悩みの方、根本的なお身体の改善を目指して痛みのないお身体作りを一緒に作っていきましょう!特に近辺に住んでいる蓮田市、伊奈町、白岡市の方々のお力になれればと思っております。

お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にLINEやお電話等お待ちしております!スタッフ一同、誠心誠意診させて頂きます。

 

・ホームページURL

http://midoricyou-ota.com

・電話番号

048-769-4228

・LINEID

@line-yoyaku

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日

駐車場のご案内