TEL TEL

スポーツ外傷について

2017.01.23 | Category: 急性,怪我

スポーツ外傷とはスポーツ活動中に身体に急激な大きな力が加わっておこる怪我のことを言います。

例:打撲、捻挫、挫傷、脱臼、骨折、靭帯損傷 etc.

 

スポーツをしていて怪我した人が出たときに病院などにかかるまでの間、損傷部位の障害を最小限にとどめるためにおこなう方法を「応急処置(RICE 処置)」といいます。

この応急処置は、怪我の後の早期スポーツ復帰に欠かせないものです。 

もしここで応急処置を施さなかったり、間違った処置を行ってしまった場合復帰までに時間がかかってしまうことがあります。

・RICE処置とは

 R : Rest(安静)

  l : Lcing(冷却)

 C: Compressin (圧迫)

 E : Elevation (挙上)  のことを言います。

 

1. Rest(安静)

受傷した場合無理に動かさずに安静にさせます。安静をはかることで、損傷部位の腫れや、血管、神経へのダメージを軽減させることができます。

 

2. Lcing(冷却)

受傷をすると中で血管が破れ、血液が流出します。それを軽減させるために受傷部を冷やして血液を収縮させて腫れを最小限に抑えます。

 

3. Compressin (圧迫)

患部を包帯や周りに包帯がなければ布や服などで巻いて圧迫すると、内出血や腫れを抑えることができます。
これは腫れが出る前に素早く行うほど効果的です。

圧迫が強すぎると患部が青くなり、しびれなどがきてしまうので巻く時には強すぎないように気をつけましょう。

 

4. Elevation (挙上)

怪我をすると患部から血液やリンパ液が出てたまってくるために腫れが起こります。
腫れを抑えるために、受傷した部位を心臓より高い位置にして、血液が患部から心臓に向かって流れていくようにします。

 

当院の治療では歪みによって緊張が強くなってしまってる筋を根本的に身体の歪みを整えて筋肉の緊張を緩め怪我をしにくい身体を作ることができます。

身体の歪みを整えて筋肉のバランスを整えると、スポーツのパフォーマンスが上がる効果もあります。

 

根本的なお身体の改善を目指しており痛みのないお身体作りを一緒に作っていきましょう!特に近辺に住んでいる蓮田市、伊奈町、白岡市の方々のお力になれればと思っております。

お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にLINEやお電話等お待ちしております!スタッフ一同、誠心誠意診させて頂きます。

 

・ホームページURL

http://midoricyou-ota.com

・電話番号

048-769-4228

・LINEID

@line-yo

スポーツ障害について

2017.01.23 | Category: 怪我

運動なので身体に過度の負担が繰り返しかかることによって、痛みなどの症状が慢性的に現れるのが「スポーツ障害」です。

特に起こりやすいのが野球肘、テニス肘、オスグッド・シュラッター病、前十字靭帯損傷などがあげられてます。

 

これらの症状にならないために運動前にウォームアップ(準備体操)、クールダウン(運動後のストレッチ)、過度な練習はさけることが大切です。

ウォームアップではしっかり練習前に身体を暖めることが大切です

筋肉もいきなり過度に伸ばすのではなくゆっくりと伸ばしてあげましょう。

クールダウンでは運動後に歩いたりストレッチをすることによって疲労回復を促す効果があります。

過度な練習はさけることに関しては、ずっと一定の動作を繰り返し行うことで関節、筋肉、腱などに継続的に負担がかかります。

実はスポーツ障害のほとんどはオーバーユース(使い過ぎ)で起こるのです。

身体が疲れている時に無理して過度な練習をすることは避けましょう。

 

当院の治療では歪みによって緊張が強くなってしまってる筋を根本的に身体の歪みを整えて筋肉の緊張を緩め怪我をしにくい身体を作ることができます。

身体の歪みを整えて筋肉のバランスを整えるとスポーツのパフォーマンスも上がります。

根本的なお身体の改善を目指しており痛みのないお身体作りを一緒に作っていきましょう!特に近辺に住んでいる蓮田市、伊奈町、白岡市の方々のお力になれればと思っております。

お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にLINEやお電話等お待ちしております!スタッフ一同、誠心誠意診させて頂きます。

 

・ホームページURL

http://midoricyou-ota.com

・電話番号

048-769-4228

・LINEID

@line-yoyaku

iPhoneから送信

肩の痛みについて

2017.01.20 | Category: 慢性痛,未分類

 

肩の痛みにもさまざまな原因があるのですがいくつか上げてみると、、。

・四十肩(五十肩)

・肩関節周囲炎

・肩石灰沈着性腱炎

・肩腱板損傷(断裂)

・肩関節インピンジメント症候群

・動揺肩

・上腕二頭筋腱長頭腱炎

など肩の痛みだけでも様々な症状があります。

 

肩の痛みがでてからよくありがちなのが、、、

肩の痛みがでる→整形外科でレントゲンを撮るが骨には異常が見当たらない→電気治療する・湿布をもらう→長期間通っているのになかなか肩が良くならない

これは一般的によくありがちな例です。

 

肩だけに電気治療と湿布だけでは根本治療にはなかなか繋がらないため何年間も整形外科に通うことになってしまいます。

肩の痛みは肩だけに原因があることは少ないのです。

 

当院の治療では身体の土台となる骨盤から歪みを整えています。そこから背骨の歪みを整え、次に肩を整えることによってしっかり根本的なところから改善していきます。

背骨の歪みによって背中の筋肉の緊張も強くなり、肩甲骨が柔軟に動かなくなり、肩の動きが悪くなり動かしたことにより痛みがくる

 

根本的なお身体の改善を目指しており痛みのないお身体作りを一緒に作っていきましょう!特に近辺に住んでいる蓮田市、伊奈町、白岡市の方々のお力になれればと思っております。

お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にLINEやお電話等お待ちしております!スタッフ一同、誠心誠意診させて頂きます。

 

・ホームページURL

http://midoricyou-ota.com

・電話番号

048-769-4228

・LINEID

@line-yoyaku

脊椎すべり症とは?

2017.01.18 | Category: 未分類,神経痛,腰痛

 

「脊椎すべり症」について説明するためには、まず脊椎(背骨)基本構造を理解してもらう必要があります。

健常な背骨は、椎骨(個々の背骨)がきちんと積み重ねられた状態になっています。椎骨の前側(腹側)には円柱状の椎体があり、そ後ろ側(背側)には椎弓椎弓根のほか、上関節突起下関節突などの様々な突起があります。そして、それぞれの椎骨は、椎間靭帯椎間関節でつながっています。これが背骨の基本的な構造です。

 

脊椎すべり症とは、本来ならきちんと積み重ねられた状態になっている椎骨が、前方あるいは後方へずれを起こしてしまうのが脊椎すべり症です。背骨には自然な弯曲があるため、何らかの理由で支えが弱くなると、椎骨のすべりが生じます。これにより、腰痛や下肢痛、しびれや排尿排便障害など様々な症状が起こります。特に第4腰椎第5腰椎がすべり症の起こりやすい場所で、少しずつすべっていき、そのすべりが大きくなると神経の圧迫を伴い、腰部脊柱管狭窄の原因になることもあるので注意が必要です。

 

脊椎すべり症は、脊椎の分離が原因で起こる「分離すべり症」(第5腰椎に好発)と、老化による脊椎の変性で起こる「変性すべり症(第4腰椎に好発)の2つのタイプが主です。先天的な骨の形成不全のために起こる「先天性すべり症」もありますが、これはまれなケースといえます。

 

☆分離すべり症

椎弓と椎体の連続性が断たれて離れてしまう脊椎分離症が原因で、後方部の支持がなくなり椎骨が前方にすべってしまう状態です。分離すべり症は、成長期に激しいスポーツを続ける青年の腰椎の疲労骨折が主な原因となっています。

 

☆変性すべり症

脊椎分離がないのに起こるもので、加齢に伴って起こりやすくなります。加齢により椎骨を支持している椎間板、靭帯、椎間関節などに緩みが生じ、椎骨を支えきれなくなって不安定な状態になってすべってしまうのです。変性すべり症は中年以降の女性に圧倒的に多くみられます。

 

☆先天性すべり症

脊椎の後方部分の先天的な形成不全が原因となって起こるものです。椎間関節がしっかり組み合わさっていないため、成長期になると椎骨がすべってきます。第5腰椎がずれるケースが多く、ずれ方が大きいという特徴があります。

 

当院ではこのような症状でお悩みの方の為に、根本からお身体の改善をすることを目指して日々取り組んでおります。すべり症そのものを治すというのは難しいですが、すべり症が原因で起こっている様々な症状を改善することは難しくはありません。

ずべり症からの痛みやしびれなどをかばってゆがんでしまっているお身体を、まずはより良い状態に改善していきましょう!

 

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

ひつじ整骨院蓮田院

 

TEL:048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

 

お身体の歪みからくる首の痛み

2017.01.17 | Category: 神経痛

今回は首の痛みについてのご説明をしていきます。

首はとてもデリケートな部分であり、痛めてしまう原因はいくつもあります。

特に冬場の寒さが増していき首のハリが溜まりやすくなっていく今日はさらに首へのケアが大切となっていきます。

今回はいくつも痛めてしまう原因があるのですが、その中でも

「身体の歪みからくる首の痛み」

これに着目してご説明していきます。

 

首の痛みは姿勢の悪さに伴って痛めてしまうケースが多々あります

長時間の丸まった姿勢で座っていたり、片足に重心が乗ったバランスの悪い歩き方をしている方はそれが癖になってしまい、その悪い姿勢を脳が記憶してしまうことによって真っ直ぐな姿勢からいつしか歪んだ姿勢へと変化していくのです。

そのお身体の歪みが結果的に、首にまでも悪い影響を及ぼしてしまうのです。

 

首が痛い場合、首にばかり意識が行きがちですが、首は背骨の一部であり全体で首をささえているのです。

なので首の痛みは首だけの問題ではない可能性が大きくあるので背骨全体の歪み。

更に言えば背骨の支えとなっている骨盤からの歪み。

根本的な歪みからアプローチしていくことが大切となります。

 

首が歪むとその歪みを周りの筋肉が硬くすることでサポートしていきます。

この硬さがほどけることなく一定期間続くと周りの神経や血管を圧迫し、痛みへと繋がります。

首、肩周りの筋肉が硬くなると血行不良となり脳への血液が不十分となり頭痛、めまい、立ちくらみなどの二次災害を伴う恐れもあります。

 

当院では根本的なお身体の改善をしていき痛みのないお身体作りを目指しております!

特に近辺に住んでいる蓮田市、伊奈町、白岡市の方々のお力になれればと思っております!

お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にLINEやお電話等お待ちしております!

スタッフ一同、誠心誠意診させて頂きます。

 

 

・ホームページURL

http://midoricyou-ota.com

 

・ひつじ整骨院蓮田院

 

・電話番号

048-769-4228

 

・LINEID

@line-yoyaku

 

頸椎捻挫とは

2017.01.17 | Category: 神経痛

頚椎捻挫とは一般的にむち打ちと呼ばれている症状のことを言います。

症状としては重く首の痛み、重だるさ、頭痛、手のしびれ、身体全身の痛みなどを発症します。

むち打ちは一般的に交通事故などの強力な外力により発症するため完治するまでには長期のお時間が必要となる場合が多いです。

見てわかる症状ではなく筋肉、骨格、靭帯などの歪み、炎症が身体の奥で起きているものなので見落とされたり、治療が遅れてしまうケースが多々あります。

頚椎捻挫には大きく4つの種類があり

①頚椎捻挫型

②バレ・リュウ型

③神経根症状型

④脊椎症状型

に分けることができます。

この中で特に発生機序として多いのが①の頚椎捻挫型となるのです。

 

当院ではむち打ちはもちろん交通事故後のお身体のメンテナンスに特化した治療を行っております。

まずむち打ちの初期治療として患部に激しい炎症をきたしてる場合が多く、まずはしっかりと炎症を抑えていかなければならないのでアイシングをして炎症を取っていきます。

同時に患部をしっかりとサポートするためにテーピングを巻いていきます。

炎症が収まり落ち着いてきたら手技と電気治療をしていきますが、患者さんに合わせてしっかりとお身体全身を診させて頂き全身治療をしていきます。

その後は全身矯正も加え骨格系からお身体の改善にアプローチしていきます。

 

根本的なお身体の改善をしていき痛みのないお身体作りを目指しております!

特に近辺に住んでいる蓮田市、伊奈町、白岡市の方々のお力になれればと思っております!

お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にLINEやお電話等お待ちしております!

スタッフ一同、誠心誠意診させて頂きます。

 

・ホームページURL

http://midoricyou-ota.com

・電話番号

048-769-4228

・LINEID

@line-yoyaku

しびれの原因につい

2017.01.12 | Category: 神経痛

 

手や指、腕にしびれや痛みを生じる病気は数多くあるため、鑑別や診断が必要になってきます。

その数多くある症状の中で、首の骨を支えている椎間板が加齢により変形することで神経を刺激し、手や指、腕に症状が現れる疾患を『頸椎症性神経根症』と言います。

 

 

首の骨(頸椎)は7個の骨が積み重なって形成され、それぞれの間にクッションの役割を果たす「椎間板」が存在します。この椎間板がクッション性を失うと首は正常な動きができなくなって不安定になり、首の骨にストレスがかかってきます。これにより神経の通る椎間孔を狭めて神経根を圧迫してしまい、しびれや痛みといった症状が現れるのです。

 

神経根症は加齢による椎間板の変形によって起こる症状なので、40代〜50代以降の中高年に多くみられます。椎間板の変形は20代から始まり徐々に変形していくため10代のように若いうちからは起こらないのですが、最近では20代〜30代の若年層にもみられるようになってきています。

 

また神経根症は椎間板が変形しているからと言って痛みやしびれが常にあるわけではありません。神経や脊髄への圧迫、頚椎の異常な動きなどがあってしびれや痛みを伴いますので、椎間板が変形していても気づかない方が多いようです。

 

 

当院ではこのような症状でお困りの方のために、根本から改善する事を目的とした矯正治療を行なっております。変形した椎間板をかばうためにゆがんでしまった骨格を整え、しびれや痛みを改善していくのはもちろん、長期に渡ってこのような症状が出ないお身体づくりをしていきたいと思っております。ぜひ一度当院へお越し下さい(^o^)/

 

 

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

ひつじ整骨院蓮田院

 

TEL:048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

 

交通事故にあってしまったら・・・

2017.01.11 | Category: 未分類

 

交通事故にあってしまった時、どんな治療を受ければいいのか、どんな保障が受けられるのかなど、分からない事はたくさんあると思います。そもそも交通事故は人生で何度も遭うものではないので知識が少ないのは当然のことです。

 

まず、交通事故では事故直後に出る痛みと事故直後には出ない痛みがあります。最初のうちに痛みがないからと言って示談してしまい、後から痛みが出てきてしまったという話をよく聞きます。

特に頸椎のむちうち症に関しては「早期の固定」と「専門的な治療」が必要になりますので注意が必要です。

 

交通事故に関しましてはお伝えしたいことがたくさんありますが、当院からどうしても皆様に伝えておきたい事を3つお話しさせて頂きます。

 

1.事故・むちうちは初期施術が大切!

事故直後には痛みもなく歩いて帰れる程で、特に何も無かったのに数日後から頭や身体が重く怠くなってきた…

これは頸椎のズレが原因となってる事が多く、その場合痛めてから時間が経っていない初期の時期に治療をした方が早い段階で痛みを軽減させることができるのです。

 

2.レントゲンで異常はなかった…しかし痛みが残っている!

病院で撮ったレントゲンでは特に何も異常はなかったのに、事故後も痛みや怠さが抜けない。しかし、病院からは湿布と痛み止めの薬だけで一向によくはならない…

このような方も早めに治療をしなければなりません。病院に通っていてお身体の痛みがなかなか改善されない方はぜひ一度当院へお越し下さい!

 

3.施術にかかる費用は自己負担0円!

交通事故に遭ってしまった時にかかった病院や整骨院などの通院費用は、自賠責保険適用の場合は自己負担0円です

また整形外科との併用も可能ですし、整形外科から整骨院・接骨院に転院も可能です。

 

当院では交通事故専門の弁護士さんや司法書士さんとも連携を取っており、治療のこたはもちろん、交通事故についての専門的な知識もたくさんお伝えする事ができます。

もし、交通事故に遭ってしまって何か分からないことがありましたらお気軽にひつじ整骨院蓮田院までご連絡・ご来院お待ちしております!

 

 

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

ひつじ整骨院蓮田院

 

TEL:048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

産後の骨盤矯正 ベストなタイミングはいつなのか?

2017.01.11 | Category: 未分類

 

妊娠を機にママさんのお身体は赤ちゃんを守るためにふっくらとした体型に変化していきますが、出産をしてもなかなか妊娠前のお身体に戻らず悩む女性は少なくありません。

体型に関してのお悩みだけではなく、産後からの腰痛や肩こり、股関節や骨盤の痛み、他にも家事や育児からの疲労やストレス、様々なお悩みがあると思います。

 

そんなお悩みをお持ちのママさんのために今回は『産後の骨盤矯正のベストタイミング』についてご説明していきたいと思います!

 

☆産後の骨盤矯正っていつから始めればいいのかよく分からない。

このような質問をやはり多く耳にします。一般的には産後2ヶ月に始めることが理想とされています。産後1ヶ月まではママさんのお身体は出産での疲労がたまっているため、体力の回復だったり子宮を休ませてあげたりと、お身体を安静にする期間が必要になります。お子さんの1ヶ月検診が終わってからご来院されるママさんが多くみられます。

妊娠をすると出産準備のために女性ホルモンの関係で骨盤自体が緩むのですが、特に産後2ヶ月まではまだまだ緩んでいる状態なので、出産をして開いた骨盤を矯正するにはこのタイミングがベストだと言われているのです。

 

☆産後から1年、10年経ってしまってるから産後の骨盤矯正をするのはもう遅い。

このように思っているママさんも多いかと思いますが、そんな事はありません!産後数ヶ月の時期に比べると関節や靭帯も固まってきてしまっていますが、徐々に矯正していく事で同じように開いた骨盤やゆがんだお身体は整います。産後10年以上経ってる方、お子さんを3人産んだ方、出産直後ではない方、たくさんのママさんが産後の骨盤矯正をしていますのでご安心ください。

 

産後の骨盤矯正はここ最近たくさんのところで治療が行われているため、治療方法も様々です。

当院での産後の骨盤矯正はまず第一に痛みや違和感を感じずに治療を受ける事ができます。そしてトムソンベットと言う外国から輸入した骨盤矯正専用の医療機器を使用しています。このベットを利用して骨盤矯正をするのはもちろん、前かがみ姿勢から現れる猫背だったり、肩や股関節の痛みを改善する事もできます。

 

今回は産後の骨盤矯正のタイミングについてお話しさせていただきましたが、産後のお身体のお悩みはたくさんあるかと思います。どんなお悩みでも痛みでも、少しでもある方はぜひ一度当院へお越し下さい!スタッフ一同お待ちしております(^o^)/

 

 

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

ひつじ整骨院蓮田院

 

TEL:048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

 

腰椎分離症とは・・・

2016.12.16 | Category: 腰痛

腰椎分裂症や脊椎すべり症は、年配者に多い腰椎疾患です。

病気の原理は椎間捻挫とほとんど同じで、外的な主な原因は腰椎がずれる(すべる)ことで痛みが発症します。

ぎっくり腰と大きく違うのは、滑ってずれた腰椎が元に戻らずに、ずれっぱなしということです。

 

腰椎分裂症とすべり症は、症状や原因が似ているために、同じようなものだと誤解している人も多いのですが、根本的に違う病気になります。

 

腰椎分裂症の場合、椎骨棘突起が折れてしまい、腰痛が起こります。

脊椎すべり症の場合、椎骨がすべることによって腰痛が起こります。

こうした根本的な原因の違いがありますが、症状的に違いがありません。

 

腰椎分裂症とすべり症の場合、なんとなく気になるような違和感から始まり、慢性痛となっていきます。

 

腰椎がすべるときに神経を圧迫し、坐骨神経痛も同時に発症する場合があります。

腰に違和感があるような痛みのため、年齢的に仕方がないと思ってしまう人も多く、激痛ではないために我慢する人も多いのが現状です。

ですが、油断をしていると、脊柱狭窄症を発症してしまう場合があるので注意が必要な腰痛でもあるのです。

稀に下肢の痛みや痺れがある場合も有ります。

 

当院ではトムソンベッドを使ったカイロにより腰の緊張を緩和させ、腰が離れていってしまう歪みを取ることで安定につなげていきます。

すでに離れていってしまっている骨をくっつけることは難しいと言われてるので、痛みを最小限に抑え日常生活に不便が出ないように施術を行っていきます。

蓮田市はもとより近隣の白岡市、伊奈町からもお越し頂いてる整骨院です。

お身体の症状や悩みなどお気軽にご相談下さい。

LINEにても受付しております。

 

 

蓮田市の整体で口コミ人気NO1のひつじ整骨院蓮田院へ

埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101

ひつじ整骨院蓮田院

 

TEL:048-769-4228

LINE ID: @line-yoyaku

 

当院へのアクセス情報

所在地〒349-0104 埼玉県蓮田市緑町1-12-1 サンライズ101
予約当院は完全予約制となっております。メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-769-4228
駐車場9台あり
休業日日曜・祝日

駐車場のご案内